まだまだ冬…

あっという間に2月も後半ですね。更新が滞っていたってことは…。

そう、めちゃくちゃに忙しい日が続いていたんです!

やっぱり、勤務時間が決められた仕事があるとバタバタしますねぇ。

先々週末に実家の福井では大雪になっているという噂を聞いて、先週、実家の母にしばらく振り(何ヶ月ぶり?)に電話をしました。 やっぱり大変だったらしく、物資の運搬が行き届いていないためにガソリンが制限付きで売られていたりしたそうで、必要がなければあまり出歩くべからず的な生活が続いていた模様。 福井の皆さん、お元気ですか? (電話をした理由の一つは父の誕生日におめでとうぐらいは言っておこうと思ったからってのもあるんだけど、結局、留守番電話にメッセージを残しただけだった。聞いてくれたかなぁ。)

そして、その1週間後にはこちら、カムループスにも大雪が…。 一日中雪が降り積もっていた土曜日、私は早朝から空港での仕事に行っていたのだけど、ちょうどシフトの後半の5時間を同僚に代わってもらっていたため、幸いに出発便の欠航が続いた時間帯は働かずに済んだ。なんてラッキーなんだ、私ったら。帰る寸前に欠航決まりそうってなってて、大変になるのは分かっていたんだけど、タイムカードも押しちゃったし、愛ちゃんのホッケーの試合がすでに始まっていたので、そそくさと抜け出せた。

大雪と言っても数年前の大雪ほどにはならず、学校が休校になる程でもなかったので、愛ちゃんの
「イェーイ!また雪だぁ。」
の雄叫びだけですみ、翌日にはかなり除雪が行き届いていました。

福井の雪とは違ってこちらの雪は湿度が少なくサラサラでとても軽く、雪と雪がひっつかないので雪かきは割と楽なんです。でも、福井の雪は湿って重みがあり、雪がくっついて嵩張るので、雪かきは大変。除雪車もゆっくりしか作業が出来ないってところが除雪に何日もかかってしまう理由なんだろうな。人口密度が高いところは除雪した雪の置き場所も少ないので、雪の置き場で隣、近所といざこざが起こることもあるらしい。幸い我が家の片側の隣は空き地なので雪の置き場は大量にあります。隣に迷惑をかけることもないので、雪かきすらしないで放置するってことも。僻地に住んでいる利点っていうことで。

翌日、雪はすっかり除雪されていたものの、まだまだ寒い!
久しぶりにマイナス10度以下。でも、バンクーバーでは気温が10度以上の暖かさにもなっていたらしい。 気温差からか飛行機の故障が立て続き、日曜日の夕方、仕事に行くと、待ってました!とばかりにお客さんの対応に追われましたわ。長蛇の列を前に同僚は何時間も前から休憩無しで働いておられました。 もう、自分に「ラッキーガール」といい続けたいくらい、幸運を呼ぶ私が来たからには飛行機は飛ぶしかありません!天候で遅れていた飛行機が結局、機材故障のための遅れに変わってくれたお陰で、遅延便が2便あったにも関わらず、航空会社の責任でホテルを用意したり、スナック代を払えたりして、さらに早急に故障の原因もわかり修復もできたので、予定よりもちょっとだけの遅れで飛んで行ってくれました。私が対応したお客さんは物分かりのいい人達ばかりだったり、乗り継ぎ便に空きがあったり、比較的楽に予定変更ができたりしたので、列が無くなった時にはなんだか言いようのない達成感のようなすっきりを味わうことができた。 その後には荷物が届かなかったお客さんの対応に一人で応じるってのがあったのだけど、後ろに何人も並んでいると、手続きは淡々と終わることが出来るので、ある意味楽なのかも? 何人かには私にはどうしようもないような事も言われたけれど、「言いたいことはこちらへどうぞ!」とカスタマーサービスの案内カードを渡して早々にお引き取りいただけた。

そんな対応が出来たのも、数日前のなんだかなぁ…と言う思いを自分なりに克服できたからだと思う。

先週は忙しい中にも色々と学びのある1週間でした。今後はちょっとずつ日々学んでいることも紹介しようと思っています。

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

tag : 空港 ラッキーガール

Japanese luncheon

今日は久し振りに日本人のお友達、二人を誘って和食ランチを楽しみました。

家族には全くもって喜ばれない家庭的な和食、和の食材を使った料理が食べられる絶好のチャンス。


この寒い季節に恋しくなるおでん。秋口に作って以来ご無沙汰していたので、久々の味わい。 私の実家ではお正月におでんを食べるのが習慣なので、お正月からおでんが食べたかったのですよ、わたくしは。 このカムループスでも食材は結構揃います。 大根、卵、こんにゃく、たけのこ、ちくわ、練り物、昆布巻き、(里芋…、入れ忘れたけど)で、まぁ、十分でしょう。さすがに牛すじは入手困難なので、牛すじは日本に行った時のお楽しみです。

あと、炊き込みご飯は家族の誰一人として手をつけることはありません。いつも、大量に作って冷凍するのが決まりだけど、やっぱり日本人には欠かせませんねぇ。

お料理上手なRさんがサラダとデザート(マンゴープリン)を作って持ってきてくれたおかげで、色とりどりのランチになりました!マンゴープリン、美味しかったぁ。写真に撮るのを忘れちゃったけど…。

お昼のためにちょっと頑張ったので夜は全く何も作る気が無かったのだけど、予想通り、誰も残り物に手をつける人はいませんでしたとさ。







Japanese luncheon 2018 Jan 17

テーマ : カナダ
ジャンル : 海外情報

働き方の違い

皆さん、

好きな事を仕事にしていますか? 

もしくは、やりたかった仕事をしていますか?


私は好きな事もやりたかった仕事もしているので、とってもラッキーだなぁってつくづく思います。
だって、嫌いな(掃除)を事を仕事にしていた事もあるし、やりたくもないのに仕事をしていた時期もあります。だから、その時から比べると今の私って本当に幸せ〜。

嫌いな事を早々に辞めて本当に良かったし、やりたくないから仕事を減らすって選択も正解だったと思う。

昨日は久しぶりに月曜日が来るのが待ち遠しくて、月曜日なのに、「Happy Monday!!」って叫びたい気分だった。

理由は二つ。
一つは勿論、2週間の有給で仕事はお休みの上、子供達もダディも学校に行って、月曜日には一人になれる時間が増えるってこと。
そして、その時間で誰にも邪魔されず、誰にも促されずにやりたい事が自分のペースでやれるのは、本当に幸せなことだ。

もう一つは先週末に行ったサイドビジネスのセミナーでモチベーションがぐんと上がったから。


今、やっている仕事は空港での勤務時間が会社によって設定された昔ながらの職場でお客さんを相手にした仕事。指定された時間分働けば、働いた時間分のお給料は有難くいただける。ただし、勤務開始時間に遅れれば、遅刻扱いになって、お給料も減れば上司からの評価も下がる。設定された時間通り、忙しくても忙しくなくても職場に居残り、横で一緒に働いている同僚とは同じような要領で仕事をこなすことを求められる。 

このような環境で働くにあたり、社員の幸せ度はどこで高まると思いますか?

自分の勤務時間内でいかに楽に働くか!がポイントになります。

だって、頑張って人の倍以上働いたつもりでも、誰も褒めてはくれないし、お給料が上がるわけでもない。会社の方針に真面目に従って仕事をしているのに横で会社の方針に従わずにお客さんのいいなりになっている同僚と比べられて、サービスが悪いとお客さんから不平不満を言われることもある。一方では自分に課された仕事以外には手を出さず、暇だからと仕事とは全く関係ない雑誌をパラパラめくっていたり、携帯電話を取り出してソーシャルネットワークの記事を更新していては、他の人が忙しそうにしていてもやりたくないことはやらず、新しいことを学ぼうとはせずに、それなりに仕事をこなし、会社のルールに従わなくてもお客さんを満足させていれば、お客さんからの評価は上がり、時にはお礼のお便りが公開される。

これって、どうなの??

って最近、すごく感じていて、好きな仕事をしているのに職場に行くのが憂鬱に感じることが度々あった。


反対に、サイドビジネスの働き方は全くもってその逆。

頑張った分を評価され、成果があればそれに見合ったお給料がもらえる。
働きたい時間は自分次第。成果を評価されるので、どうやって時間を使うかは自分次第。お客さんを満足させるのも自分次第。
みんなに幸せのおすそ分けをすることを目指している同僚や先輩とは常に励ましあい、協力し合いながらもっと上を目指す。常に上昇志向。

勿論、全部の仕事にこの働き方が有効というわけでもないし、みんながみんな上昇志向で働けるか!といえば、そうでもない。
でも、私は上昇志向で働ける環境が好きだなぁ。

日本で働いていた時もある意味周りには上昇志向の人がたくさんいた。だから楽しかったんだと思う。

楽に働く or  楽しく働く

どっちが幸せな働き方だろう?

どっちも!がいいけどねぇ。

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体

気分を変えて…。

ブログのテンプレートを変えてみました。前に変更してから、かれこれ数年以上経っていたので、気分一新です。

本当はもっと今風でおしゃれな感じのものもあったのだけど、写真をたくさん入れないと映えない感じのものだったので、やっぱり同じ感じでおしゃれで素敵な感じのにしました。

最近、この緑系の色に癒されるんです、私。

なので、ブログを見るたびに癒されるかなぁ〜とか思ってねぇ。

見てくださる方にはどんな印象でしょうか?
コメントで教えていただけると嬉しいです。

では、では。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

セルフイメージって…

2018年が始まって、もう1週間以上が過ぎてしまった!

でも、待ちに待ったお気楽週間が始まりましたよぉ。
ダディも子供達も学校に行ってくれて、一人で過ごす静かな時間❤️。 しかも、今週から空港での仕事に2週間の有給をもらっているので、お金を稼がねば!と思わずとも家に居られるという自由な2週間です。子供達の学校のボランティアや週末にホッケーの試合があったりするという予定は幾つかありますが、半分以上は特に何の予定もない自由な時間が出来たので、一つづつやりたかった事をこなしていこうと思います。

ということで、やりたかった事、第1弾。 ブログの更新。
最近、空港での仕事を楽しめない状況があったりと、ちょっと思う事があったので、書いてみます。

セルフイメージって聞いた事がありますか? 心理学や心の勉強をしたり、○○で成功するには!とかを模索したりしているとよく聞くようになる言葉で、ネットで検索すると、「上げましょう!」とか「高めましょう!」と言われている 「自分について抱いているイメージ by weblio辞書」の事です。

でも、私のメンターと化している 本田晃一さんによると
セルフイメージは頑張って上げようとしなくても、ほっといても上がるそうで、上げようとするよりも下げないコツを見つける方が大事なんだそうです。   詳しくはこちらで…
 
もしくは、本田晃一さんのお友達の心屋仁之助さんによると、 セルフイメージは上げてはいけない  んだそうです。

上げる、上げないに拘らず、まずは自分で作りあげたセルフイメージというものがどんなものかというのを知ることが大切なんだけど、これを知るだけで幸せに生きるヒントが見つかるかも。

自分に対して抱いているイメージ…。

自分ってすごい!って思う? それとも、 自分ってダメだなぁって思う?
頑張っていなくても周りは自分を愛してくれているって思う? それとも、 頑張っていない自分は周りから愛されないって思う? 
ちゃんとやらなくても人から嫌われることはないって思う? それとも、 ちゃんとやれない自分は人から嫌われるって思う?
十分頑張ってるよね、自分!って思う? それとも、まだまだ足りない…。って思う?

実は今、空港の職場ではこのセルフイメージが高い人と低い人との間で何かと問題が起こっており、ある種のグループが出来上がっています。恐らくみんながセルフイメージの高い人になればいいんだろうけど、低いままの人がなかなか変われないから問題勃発って感じかなぁ。私も最近、ちょっとセルフイメージが下がっていたのか、高い人にイライラさせられた事があった。

自分をどう信じているか?、どう信じるか?で私たちが自分に抱いているセルフイメージというものを上げたりも下げたりも出来るわけで、どうせなら、セルフイメージというものを高めて幸せに生きたいですよね。 セフルイメージを上げたい、高めたいと思っている人はなるべく左側に書いた自分に対するイメージを持つようにすると、勝手に上がっていくそうです。

この事を知ってから気づいたことは、私がよく子供達に言っている事ややっている事が彼らのセルフイメージを下げる事だったのかも??という事。

先月の誕生日で10歳になったカワ君。
何かにつけて、
「カワくん、なんさい?」
と私に聞いてきて、
「10歳でしょ!」
と答えると、嬉しそうに
「うん、知ってた? カワくん、10さいだよぉ。すごいねぇ。」
何がすごいのかよく分からないけど、本当に10歳ってだけですごい!って思えるセルフイメージはすごい!と思う。
これを適当に流してしまっている私だけど、ちゃんと反応してあげないとなぁと思っています。

他には去年までのカワ君はホッケーでもサッカーでもノリノリで楽しそうにやっていたのだけど、選抜チームに入れられてしまった今年はダディからのダメ出しの連続で全くゴールは決められないし、楽しくもなさそうだ。完全に親の私たちが彼のセルフイメージを下げている。可哀想なことに、この影響を一番最初に受けたのは愛ちゃん。幼稚園からサッカーを始めて以来、常にダメ出しを受けていたので、サッカーは一向に上手くならなかったし、楽しそうにやっているところを見たことがなかった。逆にホッケーでは少しずつ誉められることが増えて彼女のセルフイメージが上がったのか、今年は楽しそうにホッケーをやっていて、ゴールも決められるようになってきた。

本当にセルフイメージって大切だなぁって思う。
そして、私たちが子供達に与える影響も…。 誉めて育てろ!ってそういうことなんだろうね。

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

2018年 元旦


明けまして おめでとうございます!

今年こそ、週に1回を目標にブログを更新していきたいと思います。末長く、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、2017年。皆さん、どんな風に1年を締めくくりましたか?

私はここ最近初めての仕事もせず、パーティーにも行かずに自宅でひっそりと1年を締めくくりました。
健康な体で、暖かい部屋でぬくぬくと家族と一緒に1年を終えられたことは本当にありがたいことです。2018年もありがたい事がいっぱいの平和な1年となりますように。

そして、迎えた2018年の初日も特に何の予定も立てず、仕事も入れずにのんびり過ごしていました。今年の目標は「のんびり、出来ることから。」でいきたいと思います。こんな感じで時間を過ごしていたら、掃除でもしようかなぁ…と初日から床拭きを含めた掃除をしたので、ちょっとだけ気分スッキリ。(年末大掃除ではなく、新年迎えて大掃除?) さらに、愛ちゃんから、
「夜ご飯はお正月のご飯?」
といわゆるおせち料理を期待されてしまったので、やっぱりちょっとは作ることにしました。 本当はお刺身が一番の楽しみだったりするんだけど…。


重箱の詰め方はよくわかりませんが、こんな感じで作ってみました。

2018年一月一日の夕飯2018

煮物系は私しか食べませんが、カナダでこうしてお節料理が食べられるってことも幸せなことですね。

イライラさせる人と嬉しい気持ちにさせる人の違い

只今、我が家にはこの、

人をイライラさせる人  と  人を嬉しくさせる人

が混在しています。

そこで、この二人の違いは何なのか? を考え、仮設を立ててみました。

人をイライラさせる人とは…
人から何かを奪おうとする人。

人を嬉しくさせる人とは…
人に何かを与えようとする人

ここで言う、何かとは
だったり、お金だったり、時間だったり、優しい気持ちだったりします。

例えば、
一番分かり易いお金や物。取られたら嫌な気持ちになるけど、あげる時ってもらった人は勿論、あげる方も嬉しくなります。

時間を人の為に使うと考えると、忙しいのにわざわざ時間を作って会ってくれたとか、時間を使ってやってくれたと思えると有り難いと感じて嬉しくなるけど、それに気づかずに自分は何もしないでやってもらおうとばかりする人はその人の時間を奪っているので人をイライラさせます。

また、優しい人は誰からも好かれるけれど、人の優しい気持ちを利用しようとする人や、優しさを欲しがってばかりいる(期待している)人には不快感がどんどん溜まってきたりします。

誰しも人をイライラさせる人にはなりたくない筈。 人を嬉しくさせる人になりたいなぁと思ったら、何かを与える人になればいいのだ。
お金や物がなくても、他人に時間を使ってあげたり、優しい気持ちを示してみたりすれば他人を喜ばせることができる。
そして、イライラさせられたら、それが出来ない人なんだぁ…(可哀想)。と思えば、少しはイライラが収まる (かな?)。

では、この人をイライラさせてばかりいる人はずっと人をイライラさせるままなのか?

自分が他人から何か奪っている事に気付けば、人をイライラさせることはなくなると思う。人に怒られてばかりだぁと嘆く前に人の為に動いてみたり、怒られたんじゃなくて教えてもらったんだと思い直して感謝の言葉を口にしてみたり、物をもらうことだけを考えることをやめたりすれば今よりちょっとは状況が変わるでしょう。

劇的な変化を求むなら、自ら劇的な行動の変化を起こすべし!



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

イライラの原因

今朝、ダディからイライラをぶつけられた。

理由は自分が趣味のスカッシュに行っている間に、愛ちゃんがホッケーの試合に行く前になっても朝ごはんを食べていなかったこと。
そして、私がその用意をしていなかったこと。

「I do coaching,taking, .... (覚えてないけど)..... Help out!!」
(僕はチームのコーチやら、子供達を試合に連れて行ったり、(他にも何か行ってたなぁ。)してるんだから、手伝ってよ(手伝えよ)!)

と。

「I don't get any help out every day.」
(私は毎日、誰にも助けてもらえないけど。)

って言い返してやりました。ちゃんと彼の目を見て、声も荒げずに。

本当はもっと言いたいことはあったけど、急いでいたので、やめておいた。本当に言いたかったのは、
「じゃ、ホッケーなんてやめたらいいじゃん! コーチやってって私は頼んだ覚えはない!」

助けてもらいたかったら、頼んでくれたらいいだけだ。
頼んでもいないことをやってもらえていたら、ありがとう!って気持ちを示してもらえたらこちらは嬉しくてもっとやってあげようと思う。
やりたくないことはやらなくていいって体現して教えてくれたのは君だよ〜。

っと色々思って気がついた。

私がイライラってなる時もそんな感じだわって。
イラッとさせられた理由は自分にある。

だって、勝手にやってくれることを期待して、頼んでなかったり。
誰かがやってくれたいたことを(特に)自分がやりたくなくてやらなかった事なのに、ありがとうって思えなかったり、
何で私がやらなきゃいけないの!って勝手に重荷を背をっていたり、

イライラしたくなかったら、やりたくない事はさっさと頼んでしまいましょう!
その代り、やってもらえた事には心から感謝の気持ちを表すってのを忘れないように。


人生…。

ちょっと硬い話かも?
最近、いろいろな学びや気づきがあったので紹介します。

平均寿命から比べるとまだ半分くらいしか過ぎていない私の人生

一体、誰が造っているものか?

もちろん、私。
楽しいことも、嬉しいことも、辛いことも、寂しいことも私が作り出して、感じとって来たもので、これからも作り出して、感じとっていくもの。

私の人生が良くなるのも悪くなるのも全部私次第。

相田みつをさんの書に
『幸せはいつも自分の心がきめる』
ってのがあるんだけれど、私はいつもそれを台所の窓辺に置いている。

初めて見た時、いい言葉だなぁ。 そうなんだよなぁ。ってすごく共感した。
でも、頭では分かっていても、なかなか幸せを感じ取れない時期があって、自分の心の決め方を模索していたことがあります。

楽しかった頃の私の人生の中には私を応援してくれている人がいっぱいいて、私はその人達に守られていたから幸せだった
と思っていたので、辛いことがあると、自分の周りには応援してくれる人がいないから、周りの人がやらないから、私ばかりが嫌な思いをする!って全部人のせいにしていた。

でも、でも、周りが私を応援してくれないのは、私を知らない人の中に私が入っていったからであって、私のことを良く知らない人に私を守って!っ勝手に思ってもそれは無理な訳だし、周りの人がやらない!って自分がやらなくても、周りがやらないんだから、自分もやらなくていいって事にさっさと気づけば良かっただけのことだったのよねぇ。

だから、他人の人生も私のものではないし、私が代わりに作ってあげるものでもない。
誰かが楽しんだり、喜んだりしている時は一緒になって喜んであげることは出来るけど、苦しみや悲しみを代わってあげることは出来ないし、感じ取り方を変えてあげることも出来ない。変えるのはその人、本人だから。

自分の人生もそうだけど、他人の人生を心配しても仕方ない。
まぁ、他人の人生を心配しているくらいなら、自分の人生をどうして行こうかと考えた方が生産性がある。だって、私の人生は誰も変えてくれないから。

しかも、『作ったものは壊れる』という考え方があるように、私が作ってきた人生だって、途中で誰かに壊されそうになる時もあれば、誰かが一緒に作るのを手伝ってくれる時もある。壊されたらまた作ればいいんだし、手伝ってくれた人にはありがとう!って感謝すればいいんだよね。

そして、最近、学んだ「過去の私が今の私を作り、今の私が未来の私を作る」
って考え方に沿っていくと、楽しくて嬉しい未来が欲しければ、今を楽しく、嬉しいがいっぱいで過ごしていけばいい。過去がどんなに辛いものでも、今を変えれば未来が変わる。


こんなこと、今更気づいた私だけど、世の中には知らない、気づかない人がいっぱいいるんだよねぇ。
今、気付けたことに感謝。そして、それを教えてもらえる私の子供達ってなんてラッキーなんだぁ!!




寒さが緩んだ11月後半

前回、雪が降って寒いんだぁ!って報告をしたのは11月初頭。今は11月も後半になって一旦寒さが緩んでいます。
昨日までの3日間、私はカナダのトロントという東側の街に会社の講習で行っていたのですが、私が住む西側のカムループスという町では私が居ない間の水曜日が記録史上この時期最高の気温を記録するとの予想が出ていました。
トロントも思ったほど寒くはなかったけれど、バンクーバーはやっぱり暖かかった。夜の8時過ぎてもコート無しでアウトレットモールを歩けるくらい。って、仕事の後に買い物かい!って話は置いておいて…。

今回はとっても共感できるブログの記事を見つけたので、皆さんとも共有したいと思います。

自分の苦手な分野で他力を使うには

という記事なんですけど…。

自分に自信を持てない人や自分の力をうまく発揮したいって人にもとってもお勧めだし、子育て中のお母さん、お父さん、それを見守るお爺ちゃん、お婆ちゃんにも読んで欲しいなぁと思う記事です。

日本ではオールマイティーを目指すことに力を注がれ、そういう教育を受けてきた私には自分の子供達に対しても今まではできない部分を強化するという考え方を押し付けようとしていたように思います。 最近、子供達の出来る部分をもっと伸ばしてあげたいと思うようになり、彼らの苦手な部分は仕方ないと目を瞑ることが楽にできるようになってきました。(なってきたっというだけで、実際には毎回じゃないし、楽じゃない時も勿論ありますよ〜。)
でも、出来ない部分を指摘したり、どうやったらできるようになるかを考えているよりも、できる部分を褒めたり、もっと上手くなるように協力したり、やりたいようにやらせてあげていると、私の子供達に対する将来の不安や期待が少なくなり、子供達もやっていることに自信をもっと持てるようになって、お互いにイライラする事が減ってきたように思います。



それから、

「自分が苦手な部分は誰かの活躍する場所」

っていう考え方に私はとっても同感!!で、私は家事の中で掃除と洗濯が嫌いなのだけど、それが好きって人もいて、そんな人の家や部屋は常にきれいに片付いているけど、料理をすることや食材や日用品を買いに行くのは嫌だってこともある。

だからね、『なんでできないの?!』と他人を責める前に、それが、自分には簡単だと思える事なら代わりにやってあげた方が事がスムーズに運ぶし、自分も「○○は嫌い(苦手)なんだ。」って宣言しておくと周りがやってくれるようになるってお話でした。

昔から言われている適材適所って考え方だけど、これが上手く使われている社会(家庭、会社、地域)は上手く回っている。 

この考えが世の中に広まるといいなぁ。
日本では忘れている人が多すぎるよね、きっと。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

コメント、ありがとうございます!

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、折られた羽を修復中。少しずつ飛ぶ練習もしています。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、社会、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も最終学年。6年間学んできたフランス語はどれほどのものか、家では使わないのでさっぱり分かりませんが、一応、英語、日本語、フランス語を分けて話せるトライリンガルです。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!2年前にレッスンを受けるのはやめたピアノも毎朝、動画を見て影響された曲を選んでは楽しんで弾いてます。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

RSSフィード