頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もったいな~い

2008.09.03 (Wed)

とうとう夏休みも終わり、9月になってしまった。
日本滞在、残り1週間。
雨が降っては涼しくなっていく日本です。

カナダ帰国を前に愛ちゃんのトイレトレーニングが大詰めを迎えている。
日中は布製のトレーニングパンツを履くようになって既に5日が過ぎた。
夜はまだ紙おむつタイプのトレーニングパンツを履いてはいるが、
成功率が日中は95%ぐらいまで上がっている。
まだまだ失敗を恐れることの方が多いけど、本人はかなり自信たっぷり。
「おしっこ!」
と知らせてくれるから、一緒に行こうとすると、
「一人で出来る。」
と、トイレに向かっていくこともある。
1ヶ月前までは私としか行かなかったトイレ。
今ではじぃちゃんでも、ばぁちゃんでも、従兄弟のみのりちゃんのアシストでも大丈夫。
みんなの協力の下、トイレトレーニングが順調に進んでいる。

トレーニングに大活躍したのは
「もったいないお化け」
の存在。

お化けが苦手の愛ちゃん。
お化けの存在はいろんなところで活躍している。

「○○してると、お化けが来るよ!早く××しなさい!」
これで、髪の毛を洗うのを嫌がるときも、なかなか眠りに付かない時も効き目は抜群。

極めつけなのが「もったいないお化け」。
なかなか
「おしっこ!」や「うんち!」
と言えなかった愛ちゃん。
紙おむつタイプのトレーニングパンツを汚すたびに、
「もう、トイレでうんち出来れば、パンツ変えなくていいのに。もったいない!今にもったいないお化けが来るよぉ。」
と言った後に
「もったいなーい。もったいなーい。」
とお化けの真似をしたり、
「あ、もったいないお化けが怒って、こっち見てるよ!」
と言い続けて数日。
「うんち!」
が言えるようになってきた。
ご飯中にテーブルの下に隠れては失敗していたウンチ。
「もったいないお化け、来るよ~!」
でトイレに走っていくようにもなった。
失敗が続いていたおしっこもようやくトイレでの用足しが定着してきた。
お下がりの布製パンツを喜んで履いてくれるようになったので、今日は新しいアンパンマンパンツをばぁちゃんに買ってもらった。
なんせ、90cmのお下がりパンツは足の付け根に食い込んで、なかなか上げ下げ出来なかったもので...。

ウォシュレット(ウォームレット)がないカナダの自宅では冬の便座が冷たくて、なかなかトイレに座ってもらえなかったけど、今回、取り外し可能な便座に貼るタイプの便座シートを購入。
冬の冷たいトイレでもトイレトレーニングが中断されないように。と言うよりも私のため??

しつこいけど、もったいないお化け。
好き嫌いの激しくなった食事中にも大活躍。
口から出そうとする時に
「あ、もったいないお化け来ても、知らないよ。」
で、口に戻して食べてくれたり、
遊び食べも食べ残しも殆どしなくなった。

カナダに戻ってからもご活躍を期待しています。
「もったいないオバケ」様様。


スポンサーサイト

今夜の夕食

2008.09.06 (Sat)

日本にやってきて早3ヶ月半、とうとう滞在期限も残り4日となった。

今夜の夕食は

松茸ごはん&すき焼き

日本に帰ってきて直ぐに母に伝えた食べたいものリストにはいろいろあったが、
5月、6月は畑の採れたて野菜&新鮮な魚がメインだった夕食のご馳走。
7月、8月は焼肉やBBQで柔らかい国産和牛を堪能(地元の若狭牛もね)。

鍋っていう季節でもなかったからなかなか登場しなかった「すき焼き」。
遂にご登場。しかも、季節の味「マツタケ」との共演。
ただし、このマツタケは本物ではなく、「松茸ごはんの素」。
「帰るまでに間に合うか分からなかったから、買ってきておいたよ。」
とばぁちゃん。
残り3つだった中から2つ買ってきてもらったので、1つはカナダに持って帰ります。
無事にカナダに持って帰れたら、12日のポットラックパーティーにもって行きますねぇ、カムループス在住の奥様方。
カナダでも食べられないことはないすき焼き。
でも、でも、やっぱりお肉の味が全然違うのよねー。
程よい霜降りの柔らかくて甘いお肉。ここぞとばかりに食べまくったぞぉ。
クタクタになった白ねぎ、たまらなかったぁ。
生卵も2つも使ってしまった。

今夜は上げ膳、据え膳でいただいてしまい、
本当にご馳走様でした!


お昼には友達とお気に入りの地元のイタリアンのお店で日本風パスタ&デザートを食べてきた。
昨日、先月同窓会で再会した同級生の幼馴染から水族館の半額券をもらったから、じぃちゃんとばぁちゃんに子供達を水族館に連れて行ってもらって、久々にゆっくりランチすることが出来た。
イタリアに行ったことがないから本場の味は分からないけど、やっぱり日本のイタリアンは美味しいねぇ。ソースもパスタの湯で具合もバッチリ。カナダでは未だに自分で作ったものよりも美味しいと思えるパスタに出会えていないから...。

これで一応、食べたいものリストの項目は全部クリアされたのだけど、お寿司はまだまだ飽きないし、カツ丼&おろし蕎麦ももう一回は食べたいし、ラーメンだって、やきそばだって、たらこスパゲティーだって...。
あ、お好み焼きも食べたいなぁ。美味しいケーキもシュークリームも。

あぁ、時間がなーい。



こちらもご覧下さいまっせ。(バイリンガル子育て状況、更新しました)

Back home

2008.09.12 (Fri)

カムループス在住の皆様、ただいまです!

3日前に日本より戻って参りました。

晴れてますねぇ。乾いてますねぇ。

早速、唇も手も髪の毛もかさ付き始めました。

道中、子供達は予想以上に良い子にしてくれたお陰で長旅の疲れもそれほど酷くない感じです。だけど、しばらくは5時間を超える長旅は止めておきたい気分です。
車で8時間ぐらいかかるアルバータ州に住む義理姉から今年のクリスマスに滞在のお誘いが早速あるようだけど、ダディ一人で行ってくれ!って感じです。と言っても、水道水に地下水を利用している義理姉宅の水が硫黄臭過ぎて耐えられないからとダディですら行きたがらない訳で...。どうなるんだろ、今年のクリスマス。

3ヶ月半離れていた我が家。
愛ちゃんも私も3ヶ月半前の記憶がうっすらで、ゆっくり落ち着ける場所とは言いがたい。
家に入るなり驚きの連発。

奇麗好きと思しき(掃除のことでは散々文句をつけられたから)ダディが一人で過ごした3か月ちょっと、夏の間、ベイスメントで寝ていたらしく、布団が無造作に山積みされていた。
洗濯機の上や洗濯籠には奇麗なのか汚いのか分からない衣類やバスタオル等が積んであり、
バスタオルやシーツが入っていた物入れはグチャグチャになっていて、沢山あった筈の枕カバーが見つからない状況。
シーツを変えようと思っていろいろ探しまくったんだろうね。友達が泊まりに来たって言ってたから、更にごちゃごちゃ出したんだろうね、きっと。で、洗濯はしたけど畳んで片付けるまではしなかったってことね。

キッチンに行くと、冷蔵庫の中はガランと奇麗に片付いてはいるものの、冷凍庫の中の物には殆ど手を付けていない様子。

カウンターの上の物は奇麗に片付いてはいるけれど、その片付けられた物がどこにあるのか分からない。で、戸棚をいろいろ開けてみると、中はグチャグチャ、シリアル系の物がワサワサ詰め込まれていた後ろの方からやっと見つけたい物が出て来たり...。3ヶ月前と変わらない場所(殆ど手を付けていない)もあったり(ジャガイモの芽は伸び放題で、タマネギは買った時のまま腐っていたり)して、いったいダディは何を食べていたのだろう?と疑問がいっぱい。

部屋中の緑が減っている。
ワサワサとした枝が奇麗に収まりかけていたベンジャミン。無惨な格好に枯れている。大きめのポットに入れて土を入れ替えたら様子がおかしくなったらしい。
つうか、水、ちゃんとあげてたのぉ? 土がからからなんだけど...
それにしても少ない緑。
鉢2つ分は減っている。
前回日本に帰った時はお気に入りのサボテンが枯らされていたけど、今回のアロエは大丈夫だった。いや、枯れる方がおかしいだろうけど...

翌日、裏庭に出てみるとタンポポやクローバーでいっぱいだった芝生部分は青々と奇麗に生え揃っていた。グランパが「どうよ、これ!」ってな感じで誇らしげに見せてくれたんだけど、ダディにはあまり使わないでくれと言ってあった薬を撒いたらしい。
子供の口に入るのを恐れて、去年まで綿毛になる前のタンポポを1つ1つ摘み取ってきた私と愛ちゃんの苦労はなんだったのか...

つぶして芝生の部分を増やそうと思っていた壊しかけの花壇の部分に植えられてしまったブルーベリーとラズベリーの苗。場所が決まるまでポットで育てようと思っていたのに...。まぁ、スプリンクラーの水が当たる場所だから枯らされずにはすんだけど


日本へ行く前までは朝、起きてからシャワーを浴びる習慣だった我が家。
3ヶ月半の日本の生活で夜のお風呂習慣に慣れてしまった愛ちゃんはお風呂は寝る前に入るものと思ってくれてしまった。外出していた昨日は帰宅が9時半を過ぎてしまったと言うのに
「お風呂、入る!」
と、服を脱ぎだした。
さっさとシャワーで済ませようとすると、
「ダメ、カワちゃんもいっしょに。お風呂!」
と、ごねる。
結局、カワ君も一緒にお風呂に入れて、「おばけがやってくる」お休みタイムになったのはは11時を過ぎていた。


この週末はとにかく、荷物の整理と部屋の片付けに追われそうだわ。

Go to school

2008.09.17 (Wed)

来週から我が家の家族みんなが学校に行くことに決定。

高校で教師をしているダディは仕事に行くことに変わりはないんだけど、子供達をデイケア(託児所)に預けて、就職活動前の英語クラスに再び通うことにした。

かれこれ2年前のことだけど、一時期夜間の英語クラスに通ったことがある。
今回も同じくイミグレーション・サービスセンター内の英語クラスだから授業料は無料で、託児所代も無料。
夜間のクラスに通っていた当時、愛ちゃんはまだ1歳になったばかりの頃。
場所は違えど、今と同じように託児施設があったイミグレーション・サービスセンター。
子供を預けて午前中のクラスに通いたかったのではあるが、当時は3歳以上でオムツが外れていることが利用の条件だった。最近やっとオムツが外れかかっている愛ちゃん。1歳の頃じゃ到底無理だった。
バタバタと通っていた夜間のクラスは運営困難を理由に廃止されてしまった。
で、結局私の英語クラス通いも一時中断...。
ずっと中断し続けていたけれど、子供達をどこかに預けて社会に出たいとは痛切に感じていた私。託児所を探そうかなぁと思っていたところに、アヤさんが3ヶ月の赤ちゃんを預けながら英語クラスに通っているという話を聞いた。

Good timing!

早速、昨日話を聞きにイミグレーション・サービスセンターを訪問。
で、今日はクラス分けのテストを受けて来た。
そして、来週の月曜日から始まり、始まり。

朝8時45分から12時半までのクラス。
子供達をデイケアに預ける練習が出来る上に、私は自分の時間がどうどうと持てる。
キッズルームは教室のすぐ側にあるから、何かあったらすぐに駆けつけることが出来る。
おまけにすべて無料ってところがとても嬉しい。
クラスの内容は就職に関わること。
今まで大変だった分、利用しない手はないよねぇ。
でも、問題は今まで10時開始のマザーグースでさえお出かけの準備が大変で遅刻することもしばしば。それで、8時15分には家を出なくちゃいけないって大丈夫かぁ??
子供達に朝ご飯なんて食べさせてられないぞ。
おにぎり作って車の中で朝食ってヤツかしら。
おにぎり...作ってられるかなぁ。

小学校に入ったら出来ないなんて言ってられないもんね。
生活習慣を変えるいい機会かも。

頑張るぞー!

First day of the school

2008.09.22 (Mon)

行ってきました、初日の英語クラス。

今日は6時起き。
目覚まし時計は5時45分にダディがセットしていたから、目覚めたのはそのちょっと前ではあったけど、カワ君がグズグズと起きそうだったからおっぱいをあげる為にしばらく添い寝。
運良く6時にはまた寝付いてくれたのでベッドからそっと抜け出しシャワーを浴びる。

6時15分、お弁当作り開始。
サンドイッチ、ブロッコリーの温野菜、人参スティック、ウインナー。
ダディと愛ちゃんの朝ご飯用のマフィンは昨夜焼いたもの。

6時半、ダディがシャワーを浴びる。

6時45分、そろそろ愛ちゃんを起こそうかと思っていたところに、ノソノソとやってきた。

6時50分、カワ君が目を覚まし、ダディがキッチンへ連れてくる。
朝ご飯の開始。

順調に7時30分には準備が終了しかかってはいたけど、7時45分に出かけようとした時にはバタバタが始まった。カワ君のうんち&愛ちゃんのおしっこ。
出がけの用足しは本当に困る。
おまけに朝はちょっと寒かった。
上衣を着たりで時間を取る。

バスの時間は8時2分。
間に合うように着いたのだけど、財布の入ったカバンを忘れたことに気がついて後戻り。
♪財布を忘れて、陽気な(だったけ??)サザエさん♪ 状態だ。

幸い次のバスは15分後。
おまけにダディが帰りの坂のことを考えて、バス停近くのスーパーまで車で行くようにと車を置いて行ってくれていたから次のバスに乗車。

結果。
10分程の遅刻。

でも、遅刻してもいいようになのかどうなのか、最初のクラスはコンピューターでの自主学習の時間。遅れてもあまり問題はない感じだから、社会復帰の良い練習になりそうだ。
今後の状況を踏まえて、仕事の開始時間を考えないと。

託児ルームに預けられた愛ちゃんとカワ君。
初めてにしてはよく頑張った。
沢山の子供達の中に一人ぼっちで置いて行かれた保育園の時とは違って、ルームメイトは3ヶ月の赤ちゃん(アヤさんとこのサラちゃん)と弟のカワ君。
自分が一番大きい物だから泣いてなんていられない。
カワ君はミルクとオヤツがあれば十分乗り越えられたようで、私が様子を伺った時はミルクを一人で飲んでるか、静かに眠っている様子で愛ちゃん一人がお世話をしてくれるジュリーと一緒にお絵描きをしていた。

英語のクラスは久しぶりに英語の勉強を再開するにはぴったりなレベルと内容。
2コマ目のクラスは就職に関するないようだから、いい勉強にもなる。
日本で英語での就職面接を受けたことはあるけれど、日本的なところも見られていたので、実際にカナダで通用するような就職面接のポイントや自己アピールの仕方、履歴書の書き方を教えてもらえるのはとても有難いし、今後の役に立つこと間違いなし。

12時半の終了までブレイクは2回あるのだけれど、ランチ用に持って行ったサンドイッチは食べ尽くしてしまった。かなりお腹が空く。
明日はおにぎりも持参しないと!

なんだかんだと、帰りのバスに乗ったのは2時半。
30分弱の乗車時間の間に愛ちゃんもカワ君もウトウト(いや、スヤスヤ?グースカ?)。
家までの坂道を車で上れて良かったとダディに感謝。

今日のクラスでは嬉しい時の表現方法を習った。
今までダディの話も素っ気なく聞いているような反応でしか英語で返せなかったけど、今日から楽しそうな話はもっと楽しそうに、会話に気持ちを込められるように頑張るぞ。


ちなみに今日の復習。

A : I have a good news!
B : Really? What is it?
A : I have got .....(good news).
B : (good newsのリピート)?! That's exciting (great, fantastic,marvelous)!
You must be very pleased (thrilled, excited, ecstatic).
A : I am.
B : Well, congratulations! I'm very happy for you (to hear that).
A : Thanks

thrilledってどうしてもマイケル・ジャクソンの「thriller」じゃないけど、なんだか悪いイメージがあって怖いとか怯えた時に使うのかと思っていたけど、嬉しい時の興奮にも使えたのね。日本語でスリルを味わうとかも言うけど、「You must be thrilled!」で「嬉しくて興奮したでしょうね。」ってな感じなんだろう。
使ったことがない新しい単語。
ダディを練習台にして近々使ってみよう。

6時起床

2008.09.29 (Mon)

先週の月曜日から6時起床の生活が始まった。

って、今まで何時起きだったの??
と思われるだろうが、今までは7時半頃に起きて、朝ご飯の準備をして、食べて(食べさせて)、愛ちゃんがテレビやビデオを見ている間にシャワーを浴びて、パソコンに向かったり、お風呂に入れたり、...って言うのが普通だった。

カナダに来たての頃は6時半起床で、ダディのお弁当を作って...なんてこともしていたが、愛ちゃんはまだ夜の授乳が必要だったり、夜泣きが始まったりしていた頃だったから寝不足が悪化して体の調子がおかしくなったり、頑張って早起きしても9時頃には眠くなり、午前中は寝て過ごすことが多くなって無駄な時間を過ごすようになったので、朝は7時半過ぎに起きることが普通になっていた。

先週の1週間はなんとか無事に過ぎて行った感じ。
ダディと愛ちゃんの風邪により中一日やお休みをもらって、ゆっくり過ごせた日はあったけど、早起きのリズムは少しずつ掴んでいけそうだ。
8時には家を出て、帰りは2時ごろバスに乗る。
託児ルームでお弁当を食べている子供達はバスを降りる頃には夢の中。
大泣きしないと眠れないカワ君はかなり迷惑な存在だけど、眠る前と眠った後の癒し顔は他の乗客の気分を和ませている感じ。
眠ったままの二人をバスから車、車から家の中へ、玄関から2階のベッドに2往復で運び込むのは大変だけど、ダディが車を使わせてくれるお陰で子供達が深い眠りについている間に移動ができるから寝かしつけが楽だ。
添い寝する必要も無く置いておける。
まぁ、添い寝なんてしちゃったら、私も一緒に夢の中っていうのは確実なくらい私の目もショボショボしている。
そこをしのげれば、しばしゆっくり出来る時間が持てる。
といっても、寝付いても30分ぐらいで眠りから覚めてしまいやすいカワ君がいつ泣き出すかとハラハラしながら、静かな時間を保たなきゃいけない。

クラスの方はというと。
「夜間クラスの方が楽しかった。」と言うのが本音かな。
もっと会話を楽しむ時間があったと思う。
でも、パソコンに向かって一人で自主学習する時間は夜間の時よりも真面目にやっている。
パソコンに向かってやるくらいなら家でも出来そうなことだけど、『子供達を誰かに預けて邪魔されること無く、家事のことは一切考えず、勉強をするべき時間をもてる』ということはとても有難い。
普段は必要でもあまり使ったことの無かった単語やフレーズを調べ直して、家に帰って使ってみる。
今まで家の中では殆ど日本語で済ませて来たけど、少しずつ英語を使ってみる良いきっかけが持てるようになった。
でも、話が長くなったり、細かい説明が必要になったりすると、英語では上手く伝え辛くなってくる。すると、
「もう、いいよ。日本語で説明して。」
と、我慢が足りないダディにあっさりと言われてしまう。
私も頑張って日本語で会話をしようとするダディに対して時々してしまうことだけど。
お互いに相手の言語に対する聴解力は充分にあると思っている私達夫婦。
会話力がなかなか向上しないのは聞き手になった時の忍耐力の無さがお互いに欠けているせいだと思われる。

子供達は...。
好奇心旺盛な時期のカワ君は愛ちゃんさえ一緒に居れば特に問題は無さそうだ。
と言っても、まだ、嫌だ!と言えない彼は為されるがまま、別の遊び場に連れて行かれるだけってな感じ。家には無いおもちゃに飛びついている間に退散すれば、後は愛ちゃんの側でがちゃがちゃ遊んでいる。お腹が空いたらお世話係のジュリーにミルクをもらって昼寝も出来ているらしい。

問題は愛ちゃん。
たった一人で沢山のお友達の中に入って行かなければならなかった日本の保育園通い程ではないが、学校へ行くことはあまりウキウキ気分になれることではないらしい。
初日はバスに乗れることが嬉しかったようだけど、2日目、3日目になると、
「バス、乗れないよ!」
と言っても、
「乗りたくない。」
なんて寂しい言葉が返ってくる。
風邪っぴきだったこともあったから、3日目の水曜日は様子をみて休んではみたけれど、今までマイペースで一日を過ごして来た彼女には薄暗い朝に起こされて、半分眠ったままで朝ご飯を食べるようにせかされて、ビデオ鑑賞に浸る暇も無く、お出かけの準備でせかされて、肌寒い中移動させられるくらいなら、一人でお留守番している方が良いらしい。
って、カナダでは小学校1年生の子供でも家の中に一人置き去りにするのは違法なので、
「じゃ、好きにして!」
とは軽く言えない。
実のところ私も子供の頃は保育園や学校よりも一人で家に居る方が好きだったりしたから、愛ちゃんの気持ちも分からなくはない。
ある意味、大人の勝手な都合で子供達を振り回しているとも考えられるから、しばらくは無理せず様子を見ていこう。

週末

2008.09.29 (Mon)

週末から良いお天気が続いている。
朝は上衣が必要なくらい冷え込んではいるけれど、空は快晴。
お昼には気温もぐんぐん上がって、過ごしやすい秋晴れだ。

土曜日はファーマーズ・マーケットにでも行ってみようとそれなりに計画。
義理両親がアリゾナ旅行に向かう前日だったこともあり、グランマが愛ちゃんと二人だけで過ごせる時間を要求してきた(カワ君が居ると愛ちゃんにかかりきりになれず、愛ちゃんとの絆が弱まって来たらしい)。私としては預かってもらえるうちに、出来ることをしてしまおうと部屋の片付けに必要なタンスや本棚を探す為のショッピングも計画。
前日まではダディとカワ君と私の3人でファーマーズ・マーケットに行って、その足でいくつか店を巡ってみるつもりだった。
が、
ダディと愛ちゃんの風邪は一向に治らず、朝から鼻水ズルズルさせてダルそうにしている。
「愛ちゃんを公園に連れて行きたい!」と張り切っているらしいグランマに辛そうな愛ちゃんを一人だけ預けるのは可哀想だなと思いつつも、ダディの風邪もとっとと治してもらいたかったので、ダディを一人残して我が家を後にした。
せっかく良いお天気だったけど、特に買いたい物がある訳でもない状態でファーマーズ・マーケットにカワ君と二人で行って、その後、あちこち店を渡り歩くなんて与えられた3時間では終われそうになかったので、最優先と思われる買い物に集中した。

日本だとそれなりに楽しい買い物。
満足でウキウキすることもあるけれど、カムループスでの買い物は楽しいどころか苦痛になる。
手頃な値段でそれなりの質&それなりに気に入った色(カラーバリエーションが揃った)の物を探すのが本当に難しい。
安さを求めれば、どこの店に行っても同じような色だったり、安っぽく見えたり。
質に拘ると、自分で組み立てなきゃいけない割には驚く程の値段だったり、シンプルさに欠けていたり。
しかも、カワ君を連れて店から店へ車で移動するとなると、ちょっと見てみるだけのお店に数分間入るだけでも、車を駐車場に停めて、カワ君をカーシートから外して降ろし、また乗せる行為がとっても煩わしい。

結局、時間オーバーで必要度の高かった引き出し(タンス)は買えず、ファーマーズ・マーケットにも行けず、ダディがリクエストした本棚だけを特に気に入った訳ではなく妥協して買って来た。

そして、夜は我が家で義理両親との最後の晩餐。幸いメインと主菜、デザートはグランマが持って来てくれることになっていたけど、聞いていたメニューだと風邪っぴきのダディと愛ちゃんではあまり食べられない感じだったから、スープとサラダを用意。
お腹はペコペコ&心身クタクタになりながらも帰りに愛ちゃんを迎えに行くと、下ごしらえされた夕食を持たされ、オーブンに入れる時間と温度を指定された。
...と言う事は私はゆっくり休んでいられないってことね。
渡された物はローストポーク(もどき)とベイクドミニポテト、ピーチ・クランブル(っていうのか?アップルパイのようにアイスクリームを添えて食べるデザート)。
大人が4人+αの量にしては少ないような...。
いつもお邪魔するときはもっと作ってるよね。
ってことは私にも作れってことよね、やっぱり。しかも、食べ残って明日の分なんてものもないだろうよ、この量じゃ。
作ってくれるって言ってくれた割には...。


どうしても実家の母と比べてしまう。

翌日、長期旅行に出かける義理両親宅では後片付けが大変だろうとか、外食だと子供達がじっとしていられないだろうと我が家での夕食を提案しただけなのに。私達が全部用意すべきだったのか??
とか思いながらも、冷蔵庫に置きっ放しには出来ないからと使いさしの野菜や果物をもらって驚いた。
だったら、これで何か作ってくれ!!
これ、まだ食べられるんですか??
  腐りかけたプルーンにタマネギ
え、これだけ?? リンゴ1個って...黄色くなったレタスの芯だけって...。


そんな憂さも翌日には終了!

引き続き良い天気。
特に何の予定もなかった日曜日。
ゆっくり時間をすごしていると、マコさんから電話。
数日前から庭師(?英語ではランドスケープ)のお仕事をしている旦那様に我が家の裏(横)庭の土を運んでもらおうと話をしていて、へフリー湖に住むアヤさん宅に遊びに行くついでに庭の状態を見に来てくれるとのこと。
かなり遠回りではあると思うけど、わざわざ足を運んでくれるらしい

前々から湖のすぐ側で暮らしているアヤさん宅にお邪魔するには暖かいうちに...と思っていたから、なんとかアヤさん宅に私達も遊びに行けないものかと密かに期待してみる。
と、そこに丁度良くアヤさんからお誘いの電話。
さらに丁度良く、そのすぐ後にダディが朝の運動から帰って来た(風邪をひいているにも関わらず...)。
帰りにガソリン入れたてで、少々ガソリン代を気にしていたダディではあったが、せっかくの機会だからと小旅行決定。

マコさん夫妻が我が家に到着し、庭を見てもらう。
なんと、マコさんの旦那様はその昔に何度か我が家に来たことがあったらしい。
前の前の持ち主さんと彼のご両親がお友達だったとか。
マコさんの旦那様とダディは高校の同窓生だったりもして、話が弾んだりもしていた。
が、
アヤさん宅ではお昼を用意して待ってくれている。
急き立てるように我が家を後にし、ウエストサイド・ロード田舎に向けて出発。
去年の夏、愛ちゃんの従姉妹のはづ&みのちゃん達を連れて行ったフェリーにも乗った。
途中で小熊も発見。
周りの木々は紅葉もし始め、外の空気も心地よく、とても良い気分転換。

約束の時間より1時間程遅れてアヤさん宅に到着。
湖の側の木立に囲まれたお家。
家の中からは湖が見渡せる。
うーん、なんて素晴らしいロケーション。
と、感動するも、冬の寒さや通勤の大変さを聞いているだけに珍しく
「私もこんなところに住みたい!」
という気持ちまでには至らなかった。(ごめんなさい、アヤさん。)

おいしいランチをご馳走になり、素晴らしい眺めとマコさんとこの犬達との戯れ。
家族みんなで楽しい時間を過ごさせていただいた。

みなさん、どうもありがとう。

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品                              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。