頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加和人 生後10ヶ月

2008.10.08 (Wed)

10月に入って早くも8日が過ぎていた。

今日はカワ君の生後10ヶ月の誕生日だ。

9月の終盤は意外に暖かい日が続いたと思っていたら、10月に入ってからというもの一気に秋も深まって日に日に寒さもまして来た。
暖房がついているのが普通になって来たので、外出時に設定温度を下げる作業が増えた。
忘れるとガス代が...。
カムループスでも割と寒冷化が遅いウエストサイドにある我が家ではまだ霜が降りる程ではないけれど、すでに朝はマイナスの気温になっている場所もあるらしい。

ところで、最近のカワ君。
歩行訓練真っ最中。
日本から持って来た円形の歩行器(下に車が付いていて中に入って歩けるテーブル付きのもの)は中に入って使うというよりは押して使う物になり、掴まって立った後、押して動く物はすべて歩行訓練用具となっている。
特にお気に入りなのはキッチンの椅子

4つあるキッチンの椅子はカワ君の歩行訓練のお陰で常に色んな所に点在している。
バラバラに置かれた(動かされた)椅子の間をサルの枝渡りのように片手を伸ばしながら歩くカワ君。調子にのって2、3歩支えなしで歩けるようになってきた。
直立で移動出来るのが快感になってきたようだ。
独りで立っている時の顔には満面の笑みが浮かぶ。
そして、尻餅付いた時の落胆振り。
でも、本当に嬉しそうだ。
キッチンの椅子の押し具合がいい感じなのか、人が座っていても押したがる。
そして、犠牲になるのは愛ちゃん。
椅子を使って戸棚の扉を開けたり、手を洗っている時に横から押されて椅子から落下しそうになる。結構な力で押せたりするもんだ。


ダディはカワ君のハイハイに付いて行くのが楽しくてしょうがないらしい。
キッチンからバスルームまでの数メートル。
後ろからハイハイで追いかけると、途中で何度か振り向くのだけど、その振り向き方が可愛くてしかなたいらしい。
ハイハイ時期の子供達は首だけで後ろを振り向くことが無理なようだ。
必ず一度お尻を床につけてから(座ってから)振り返る。
見られる期間が少ないだけにまだ歩いて欲しくないと願うダディ。
独り歩行訓練に興じるカワ君。1歳の誕生日までには歩き出してしまうだろう。


3歳の誕生日まで1ヶ月を切った愛ちゃん。
誕生会が楽しみで仕方がない様子。
毎日のようにバースデーソングを自分の為に歌っている。
ダディは去年のような家族だけの誕生会で済ませられることを望んでいるけど、お友達の誕生会に招かれて、自分が主役になれない辛さを味わっている様子を端で見ていた私にはやってあげない訳にはいかないわけで...。

そんな愛ちゃんは最近、独りで寝るようになった。
場所は全く使われていなかったベビーベッド。
3歳を目前にしてやっと使われるようになったベビーベッド。
愛ちゃん専用って感じが良いらしい。
今までは愛ちゃん、カワ君&私の三人で占領していたキングサイズベッド。
ダディは横に敷いたエアーマットで寝ていたけど、愛ちゃんがキングサイズベッドを卒業(?)してくれたお陰でエアーマットを片付けて正規のベッドで眠れるようになった。
さらに愛ちゃんが移動してくれたお陰でカワ君の寝付きも良くなり(まだ夜中寝てくれることはないけど)、私の睡眠環境もかなり改善された。


なんだかあっという間に大きくなって行く子供達。
英語クラスに通うようになって、毎日バタバタの日々。
時間が経つのがあっという間だ。
日記さえも更新出来ないくらい。
産後ウツで苦しんでいた何の目的も無い辛い日々とは比べられない程、毎日毎日することがあって、割と規則正しい生活が出来ている。
平日に休みを貰えることに幸せを感じられるまでになった。

あとはこれからの長い冬をどう乗り切るか!


スポンサーサイト

初挑戦

2008.10.13 (Mon)

日本の皆さん、体育の日の週末はいかがお過ごしでしたか?

カナダでも同じように10月の2週目はサンクス・ギビングデー(感謝祭)で3連休になります。

カナダでサンクス・ギビングデーの週末を過ごすのは今年で3回目。
例年ならこの週末の日曜日にグランパ&グランマはアリゾナへの長期旅行に出発するので、土曜日辺りにサンクス・ギビングディナーをご馳走になりに行きます。
ところが、今年は去年買った現地のトレーラーハウスに建て増しをするらしく、義理両親は先月末にはカムループスを後にしていて不在。
週末をゆっくり庭仕事をしながら過ごすか、ホームパーティーでもするか...なんて思っていたところに、ダディから
「今年は我が家でターキー(七面鳥の丸焼き)食べよう!」
の声(木曜日の夜のこと)

私:「...。誰が焼くんですか??」
ダディ:「You Tubeで調べたらいいよ。」
私:「だったら、先ず買い物に行かないと。」

金曜日、ダディの学校のフットボールの試合をカワ君とダディが観戦している間、私と愛ちゃんとで買い物に行く予定を立てる。
が、
家族みんなで観戦することになり、買い物に行けなかった。
ターキー、食べる気はあるのか?

翌日の土曜日。
朝から掃除に精を出す。
「ターキー、食べたいなら買いに行かなきゃいけないんだけど、本当に食べたいの?」
と全く買い物に行く気配のないダディに尋ねても、なんだかはっきりしない返答。
前日からあまり機嫌の良くなかった私に気を使っていたのか??
ディナーを作る手間をかけさせるか、否かを迷っている様子だったり。

食べたいの?食べたくないの? どっちなの!
ハッキリしないあなたの態度がよっぽど迷惑だったりするんだよ!

サンクス・ギビングデーにご馳走を食べる習慣なんて私には身に付いていないものだから、
私にとっちゃ七面鳥なんて何ら恋しいと思うものではない。
ご馳走になれるのなら、それはそれで嬉しいし。
自分で作るにしても、しばらくは残り物で食事がまかなえるから後が楽だったりするし。
日本人にしてみたら、お正月のおせち料理のようなものだろうから、
「食べたい!」
と言われれば、その気持ちを拒むほど面倒くさがる嫁ではないぞ、私は。

なかなか意思をハッキリさせないまま、午後を過ごす。
肌ザムイ午前中はずっと家に籠って、遊びたくてウズウズしている子供達を側に大嫌いな掃除や部屋の片付け(お陰でごちゃごちゃだった子供部屋はすっきりしたけど)でイライラし始めて、更に予定がなかなか立たないことに悶々とした気分。
少しだけ暖かくなっていた庭に出て土いじり(草むしりとミミズ探し)で気分転換を試みる。
朝ご飯に昼ご飯。
家族4人分の上げ膳、据え膳に嫌気がさし始めていた連休の初日。
夕食の準備をする気になかなかなれなかった。
日本にいたら、買ったもので済ますにも外食に行くにも手軽にことが終えるのに...。
金曜日に私の意向とは関係なく外食をしてしまったものだから、
「ピザでも宅配してもらっていい?」
の私の提案にはあまり乗り気でないダディ。

結局、土曜の夕食は玉子丼とジャーマンポテト。

翌日の日曜日。
ダディは朝から運動と称し、同僚とバドミントンを楽しむ為にダウンタウンへ出かけると言い出す。そして、帰りにターキーを買ってくるからと...。

「ターキー、買ってくる。」
聞こえからすると、調理された七面鳥の丸焼きを買ってくるのかと想像もできそうな感じ。
だが、
買って来たのは勿論、生!
しかも、デカっ!

仕方なく、作ってみました、七面鳥の丸焼き
何度もYou Tubeのお世話になりながら。
初の試み。
生の丸鶏は結構グロテスクでございます。
鳥肌を洗っていると、まだ数カ所に産毛のような羽が残っていたり、内側は骨が丸見え。
食欲が半減すること間違いなし。
とりあえず、いろんなものを頼りに下準備OK。
オーブンに入れて4時間後の仕上がりを楽しみにしていると、電気と水道がストップ。
町中のどの家でも同じ時間帯にオーブンにスイッチが入ったようで、一気に電気の使用量が増えた模様。

パソコンも使えないので、またまた庭で土いじり。
最近、ミミズコンポストでも作ろうとミミズ探しに精を出している母と娘。
沢山ミミズが捕獲出来て喜んでいたのに、数時間後には野鳥達の餌になっていた。
鳥の群れに喜ぶ父親と息子。

2時間後には電気も水道も復活。
サンクス・ギビング ディナーの準備も再開。

ターキー、ターキーって言うけど、下準備さえしてしまえば数時間は放ったらかし。
その間に野菜を茹でて、マッシュポテトにしたり、胡麻と和えたり。
ディナーって言う割にはそれほど手が込んでいない。
日本のおせち料理やお盆にお客さんを招いてご用意するほどの手間は殆ど感じなかった。
まぁ、アップルパイまで手作りしてたらそれなりに手間だったんだろうけど。
ターキーの丸焼きに詰めるスタッフィングと言われる詰め物やクランベリーソースも市販のものを使ったっていうのもあるかぁ。

でも、味は

グランマが作るディナーとそれほど変わらなかった。

初めて、料理が得意な義理母を持たなくて良かったと感じた瞬間。
ターキー以外はレシピ無しでもグランマのコピー料理なんて何てこっちゃない。
「ママに電話して聞いてみよう!」
と心配気味のダディだったけど、
電話するくらいなら実家のレシピ本を探した方が早いよと思った ワ・タ・シ。


ちなみに出来あっがた様子はこれ↓↓
我が家のサンクスギビングディナー
もっと奇麗に並べてセンスよく写真に収めたかった...。

いぇーい! (ちなみに...)

2008.10.18 (Sat)

生後10ヶ月を過ぎ、毎日歩行訓練に励んでいたカワ君の努力が実り始めた。
遂に2、3歩、歩き始めたぁ!って喜んでいたのもつかの間で、ヨタヨタと直立歩行の歩数も増え、直立の姿勢が安定し始めた。距離が長くなる時はハイハイよりも壁伝いで歩いてくる。

本人は自信満々で歩こうとしたり、はたまた、走り始めようとしたり(いやー、それはまだ早いやろ、あなた。)。
トコトコと数歩(勢いで)走れてしまった時は本人も驚いていたけど、目線が高くなったことが嬉しくて仕方ない様子。
直立姿勢がとりやすくなったからキッチンやバスルームの引き出しや扉を開けるイタズラも酷くなってきたのが困りもの。

でも、不思議なことに我が家の子供達は痛みに強い。
引き出しや戸棚の扉を触りまくっているカワ君に手を挟みはしないかとヒヤヒヤのダディ。
「危ないよ!」「カワトー!」
とうるさい。危ないと思うならどっかに連れて行ってよねっ...。

カワ君のすぐ側にいる私は手を挟むかより、中の物を触られるのが嫌なので、
「開けたらイタタするよぉー。」
とひたすら脅す。
それでもカワ君はソーッと開けようとするものだから、言った側から手を挟む。
大体、被害に遭うのは右手の指。左手で開けて、閉めようとすると右手がやられる。
愛ちゃんの時もそうだったけど、こういう時の私は冷たい母だ。
「そういうのを罰当たりっていうんだよ。分かったぁ。」
「ダメー!」
って怒るよりも効果的な気がする。

愛ちゃんはというと...。
自分がおもちゃや粘土で遊んでいる時は邪魔者が居なくなってせいせいしているのか、夢中になって遊んでいる。
暇だったりすると、
「お母さん、カワトー!」
と静かにイタズラを開始しようとするカワ君を監視してくれたり、はたまた
「ダメ!」
と止めさせようと振り払いに来る。
有難いんだけど、愛ちゃん。もう少し手柔らかに...ねっ。

でも、少ーしずつ、お姉さんらしさが身に付いて来たかなっと嬉しい気分になる反面、まだまだ本人は赤ちゃんに戻って注目を浴びたいらしく、大きな甘えん坊にイライラっとくることも。甘えさせてあげたい気もするんだけど...。

もう少しで終わりを向かえる魔の2歳児期。
結構楽しかったような??
2歳児というけれど、言葉で伝えられない1歳半ややりたいことがまだ出来ない3歳の初めぐらいが一番手がかかるようにも思える。

この冬が耐え時かな。


最近よくやるようになったカワ君の言動。
いぇーい! (はーい!) と言って、手を挙げる

みんなが通る道?(ちょっと訂正)

2008.10.25 (Sat)

なかなか更新出来ない日記...。
1週間の間にもネタにするようなことはいくつかあったのだけど、それをまとめる為にゆっくりパソコンに向かえる時間が作れない。

カナダに引っ越して以来、なんだかんだとマイナス思考で暮らして来た2年半。
プラス思考に転向したわけではないけれど、計画性の無い毎日に予定や希望の無い生活からは脱却できていい感じになってきた気がする。

先々週、通っている英語クラスのテーマは「鬱とストレス」。
移民して間もない殆どの人が悩まされるというこの問題。既に体験している私にとっては頷けることばかり。
話によると、移住の行程として
1、大きな希望と少しの期待、そしてほんの少しの不安を胸に入国
2、いろいろな手続き(住居&仕事探し、子供の入学や保険等の各種手続き)で忙しい日々を送る3ヶ月。
3、手続きが終了し、引越し作業が一段落し始める。
4、仕事や生活環境の変化にストレスを感じ始める。
5、ストレスが上手く発散出来ない状況から身体的な不具合(鬱の症状)が発生し始める。
(カナダに移住した事を後悔したり)
6、鬱に悩まされる。
7、鬱回復。
8、生活が安定してくる。

というサイクルがあるらしい。
私はやっとこさ8番目のサイクルに入ったようだ。
産後だからと思っていた鬱の時期、原因はホルモンバランスの崩れだけではなかったと思われる。
つまり、誰もが悩まされる可能性がある「鬱」という問題。
原因となるストレスが上手く回避できなければ、悩まされる期間も長くなり、最悪の事態を招くことになる。
私にとっては約2年間。
長いのか短いのかは分からないけど、薬無しで回復出来て本当に良かった。
鬱の判断基準とされる数々の項目がすべてYesだった2年前と比べると、今回受けたアンケートでそれらの項目がすべてNoに変わっていたのには驚いた。

アンケートを受ける前からも『最近、考え方や物事の捉え方が向上してきたな』と思っていただけに、日々の生活の中で心の持ちようって大きいなと感じている。

こんなことを思えるようになったのも、この土地で一緒に頑張っていこう!と決めた(?)奥様仲間達のお陰。
「自分は何も出来ない人」と諦めるよりも、「自分が出来ること」を見つける事が大切だった。
「自分が出来ること」を見つけやすい環境作りも大切。
英語力に躓いて弱音を吐いていても、環境が変わらない限り、英語は必需品。
日本で生活出来ないなら、英語を使わなくてもいい環境を作ってしまえば良い訳で...。

もともと全くと言っていい程無かった移住の際の希望。不安だらけでスタートしたカナダライフ。
これからは少しずつ希望を増やして行きたい。


同じ境遇を体験した方、体験している方、
お互いに頑張りましょう!

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品                              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。