頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

ハロウィン 我が家の場合

2008.11.01 (Sat)

小雨が時々パラ付いていた今年で3年目となるカナダで過ごすハロウィン。
(歩き回る頃には雨も上がり、花火も見られる程回復)
去年はこんな感じで過ごしておりましたが、日記をさかのぼってみると、一昨年は全く興味もなかったようで日記のネタにもなっておりません。

2006年10月31日、愛ちゃんはまだ独り歩きも出来ていない頃、当日はめちゃくちゃ寒くて、何の用事か外出した記憶はあるけど、「こんなに寒くてもやるのね。」ってな感じで寒い中、仮装して歩いているグループを横目に車に乗っていたと思う。

で、来年こそは!
とちょっと張り切ってみた(ダディ)のが去年の事。

今年は愛ちゃんもお菓子をもらいに行く気満々で、少しずつ北米カルチャーが我が家に浸透し始めた。
とは言え、行き止まりがある坂道の一番最後にある我が家には訪問客などあるとは到底思えないので、家の飾り付けなんて無し。お菓子の準備も無し。
雰囲気作りの為にダディが張り切ったかぼちゃのジャコランタンと木曜日に英語クラスのハロウィンパーティーで作ってもらって来たジャコランタンを飾ってみたくらい。

愛ちゃん、(今週中には)3歳ともなるとやっと
「Trick or Treat (トゥリック オア トゥリート)」
も上手く言えるようになり、仮装したものにもなりきれるようになった。
今年の愛ちゃんのコスチュームはホワイトタイガー。

愛ちゃんホワイトタイガー


タイガーらしく、キャンディーをもらう前に「ガォー!」と吠えさせてみたりも出来て、見ている側も結構楽しめる。
ちなみに、カワ君はキリン柄のケープ。

ハロウィーン加和人のコスチューム

キリンなのに、愛ちゃんの真似をして「ウガァー!」と騒いでお菓子をゲット。

去年もそうだったけど、
「今年のハロウィンは何着るの(着せるの)?」
とこちらの張り切りムードのお母さんには聞かれるけれど、我が家の場合、お下がりの物をそのまま着せるのみ!顔にペインティングを施す事も無し!
何を着せるかはグランマが決めてくれ、何ヶ月も前から我が家に登場し、愛ちゃんのクローゼットに飾られる。仮装なんぞにはあまり興味のない日本人の母親としては煩わしい作業が減るから、ある意味有難いといっちゃ、有難い。

それにしても、この仮装。
あの世から帰って来た魂(幽霊)から自分をカムフラージュさせる為らしい。
私に寄り付かないで、とっとと帰ってくれ!ってこと?
わざわざ帰って来てくれた魂に素っ気なく振る舞うなんて...。
日本のように供養しようという気持ちは無いようだ。

ダディにとっては子供の頃自分が歩き回った家々を再び訪問するいいチャンス。
昔を懐かしみながら、一所に永住する習慣が薄い文化ながらも住み続けている数少ない昔馴染みの人との会話を楽しんだり、昔遊んだ家の変化に驚いていたり。
私にとっては食後のいいエクササイズ。
外もそれほど寒くなく、平らなところだったらいくらでも楽しく歩ける♪

来年はカワ君も走り回れるだろうから、また少し楽しめるかな?

袋にいっぱいもらったキャンディー。
朝から食べたがる愛ちゃんを宥めるのに一苦労。
一番頑張った愛ちゃんの知らない間に勝手に横取りするダディ。
一切興味の無い私。
カワ君?
甘い物はまだまだよぉー。


3年目 (久々写真付き!)

2008.11.04 (Tue)

今日、11月4日は愛ちゃんの誕生日。
(正確には日本時間でなので、カナダだと11月3日になるんだけど...)

昨日まで今日の誕生日をどうやって祝ってあげようかと一人でソワソワしていたけど、今週末の日曜日に愛ちゃんのお友達(お馴染みのメンバー)に集まってもらって小さく誕生会を開くことにしたので、あっさりめにしてみた(いわゆる手抜きってヤツ)。
まぁ、去年もそんな感じだったけど、今年は更に。

一応、愛ちゃんの誕生日と言うことは、『3年前に愛ちゃんをこの世に誕生させる為に私も頑張った』ということで、私にもご褒美。
つまり、
今日のディナーは外食!ってこと。

我が家にとって外食は楽しむためと言うよりは手抜きの為。
よって、ファーストフード系が殆ど。
まぁ、中途半端なレストランに行くなら自分で作った方が美味しいからっていうのもあるんだけど。
でも、今日は日本生まれの愛ちゃんと私の記念日。
奮発して、先月、ノースショアにオープンした「ARIGATO SUSHI」に初トライ。

カムループス、ノースショア在住の皆さーん。
美味しかったです。
珍しく、この私がこの街で満足したお店の1つです。(ちょっと言い過ぎかな?)
アバディーンにある「アリガト寿司」では食べたことがないのですが、

店の広さ、明るさ、静かさ、家からの近さで◎
納得のいく値段と量。
すし飯の味、ネタの大きさ、具のバラエティーは他の韓国人経営店と変わらず、満足度は十分クリア。
食器の使い方も抵抗感が無くて良し(みそ汁はちゃんとお椀にたっぷりよそわれていた)。
天ぷらも衣がカリッと揚っていて、天つゆは甘めだけど許容範囲内。

私達がオーダーしたのは
デラックス スシ コンボ (寿司盛り合わせ 2人前)
チラシドンブリ (海鮮丼)
天ぷらうどん (エビ天2尾、かぼちゃ、ヤムイモ、人参、インゲンの天ぷらが別皿盛りでうどんの丼には天かす、人参&タマネギ入り)

天ぷらうどんのうどんは細めだけど、ややコシもあったし、汁も美味しかった。
不思議な野菜が入っていないだけ見た目にも美味しそうに見えて良し。

以上、今後頻繁に出入りするようになるだろう日本料理店のご紹介でした。


家族一同、満足して我が家に戻った後はデザートで締めくくり。
ケーキ!ケーキ!と楽しみにしていた愛ちゃんではあったけど、昨日の食料買い出し中に市販のプリンもどきを欲しがった愛ちゃんに、
「こんなプリン買うなら、お母ちゃんが作ってあげる!」
と昨日張り切ってプリンを作ってしまった。
2日目が美味しいという手作りプリンがあるのに、更にバースデーケーキとまでは考えが及び難く(一度は考えてみたけど、手作りする気力無し&雨の為買いに行く気にもなれず)、
愛ちゃんの3歳の誕生日は手作りプリンにホイップとろうそくを飾ったもので
「ハッピ バースデー トゥー ユー♪」。
(ちなみに去年の誕生日はこんな感じで、1歳の時は誕生会も張り切っていたなぁ。)
3本のろうそくを嬉しそうに消す愛ちゃん。
「もう一回、もう一回。」
と煩かったけど、その楽しみは日曜日のバースデーパーティーまでお預け。
ダディとカワ君には大好評の甘めのカスタードプリン。
シュークリームに続くカフェメニューの1つに決定(勝手に妄想中)。

日本からはばぁちゃん&はづみのちゃん達(アンチー)から小包が届いた。
続々と中から出てくるお菓子&キティちゃんグッズに興奮する愛ちゃんとカワ君。
カワ君はキティーちゃんのコップがたいそう気に入ったらしく、持ち歩いたり、口にくわえたり、自分のものと思っているらしい。
愛ちゃんはばぁちゃんのカムループス滞在時にもらい続けていた「きなこチョコレート」を一番に発見し、
「これ、食べてみよっかぁ~!」
と、催促が始まった。
大好きな「おっとっと」、見つけるなり、
「わー、おっとっともあるよぉー!」
と興奮気味。
「これはぁ。これはぁ。」
と次から次へと出てくるチョコレート菓子で大興奮。
で、カワ君用の塩せんべいを手に
「カワト君にもあるよ、はい!」

去年までは私一人で興奮していた荷物の開封。
今では家族みんなで楽しめる(ダディのは?と密かに期待して聞いてくる)ようになった。
ばぁちゃん、どうもありがとう。
はづちゃん&みのちゃん(リサちゃん)、お手紙ありがとう。
アンチー、誕生日プレゼント、ありがとう。


1ドルショップに行く度に
「あの風船、欲しい!」
と切に願い続けていた銀色のキラキラ風船。
念願叶って、ウキウキの愛ちゃん。
今夜はその風船をベッドにくっつけて、日本から送られて来たキティちゃんの枕と共に眠っております。

「3歳になったら、ねんねのミルク(牛乳)はダメだよ!」
の宣言どおり、寝際の牛乳も飲んでない。

3歳宣言、どこまで続く??


久々に写真を公開。
誕生日のものではないけれど...。

お風呂で楽しむ姉と弟
お風呂で楽しむカワト


が、


姉の勢いにおびえる弟
お風呂で


最近、お風呂で弟のおち○ち○が気になる愛ちゃん。
触って楽しむ姉。
触られて喜ぶ弟。
母...。

無事終了 ++写真掲載++

2008.11.09 (Sun)

やろうか、やるまいかずっと悩んでいた愛ちゃんの誕生会。
顔なじみのメンバーで小さくやってみた。

ここ数日、なんだか天の邪鬼な愛ちゃん。
本気なの?と疑ってしまうくらいはっきりとした返答をしてくる。
でも、後の様子からするとそうでもなくて...。

昨日も、今日の誕生会のことで、
「誕生会、やりたくない。」
と言い出すし。
背景には3歳の誕生日を機に入眠用の牛乳をベッドで飲めなくなったことがあるのだけれど、
「明日はみんなが愛ちゃんの為に来てくれるんだよ。来て欲しくないの?」
と言っても、
「うん!」
「え、本当にいいの? じゃ、お母さん達に電話しちゃうよ。」
と言うと、
「いいよ!」
「...。」
あまりのハッキリさに一瞬絶句。
んたの為にやろうと決めて、みんなも参加してくれるのに、今更キャンセルなんてできないよ~。


既に念願のバルーンももらってしまったし、ハッピバースデーのろうそくの火も消してしまって、楽しみが半減してしまった様子。
誕生日の前にすれば良かったかなと少し後悔。
やらなくても良かったかなとも思ったりでかなりテンションが下がってしまった。

それでも、すでにランチメニューのホットドック用のソーセージやパンを大量に買ってしまったし、ベーキングが上手なアキ君ママにバースデーケーキを作ってもらうことをお願いしてしまっていたから決行。

ダディも掃除やソーセージのバーベキューでかなり頑張った。

最初は前日のローテンションが続いているかと思ったけど、ランチの前にパーティー用のラッパでテンションが上がり始め、もらったプレゼントの開封時間にはやっぱり嬉しそうにしていた。
自分が主役だということはしっかり分かっていたようで、用意してもらった椅子に座って、プレゼントをもらう姿はアッパレ、アッパレ。

プレゼントオープン



愛ちゃんお気に入りのドーラの飾り付き&私リクエストのイチゴのデコレーション生ケーキ(byアキ君ママ)に3本のローソクを立てて、お待ちかねのバースデーソング・タイム。


3歳のバースデーケーキ by 八重さん


2歳児前の去年はフライングのハプニングもあったけど、今年はしっかり自分で最後まで歌いきってから一気にろうそくの火を消しきった。

せっかく美味しく作ってもらった、私大満足のケーキ。
子供達には上のイチゴはしっかりお腹にもっていかれたものの、半分以上を食いさしのまま残されてしまった。
あまりの美味しさに、私のお腹に奇麗に収めようかとも思ったけど、殆どが先にゴミ袋に収められてしまった。
だったら、見た目だけでOKのスーパーのケーキでも良かったのか...と作ってもらったことを少しばかり後悔。
次回は子供用と大人用を分けてみようかとも考えた。

なんだか、主催した割りには私はあまり動けてなかったような...。
子供達の興味や動きにはなかなか付いて行けない。
そんな中、ママさんたちには本当にいろいろ助けてもらった。
私がやるべき子供達のお世話。
すっかり、任せっきりになってしまったり。
まぁ、取り敢えず、子供達には楽しく遊んでもらえていたようだから良しとしよう。

参加者の皆さん、どうもありがとうございました。
頑張ったダディ、お疲れさま。

これからは、一大イベントになりそうな誕生会。
頭が痛くなりそうだけど、やるしかないよなっ。


備えて安全?!

2008.11.12 (Wed)

11月に入って冬の足音が聞こえて来そうなカムループス。
先週、カムループスでも標高の高いエリアには雪が降った。
比較的暖かい地域にある我が家では雨止まりだったけど、ダウンタウンでもみぞれになっていたから、いつ冬が始まってもおかしくないくらい。
とは言え、今日は比較的暖かかった。
そして、気温の変化が激しくなるこの時期、体の調子を崩す人が多くなる。
変なウイルスも蔓延ってきたり...。

と言っても、我が家で体調を崩している人は今のところはゼロなんだけど、これから流行るであろうインフルエンザに備えて、先週の金曜日に家族全員で行って来た。

インフルエンザの予防接種

去年と一昨年はこれを怠ったお陰で散々な目にあったダディもようやく参加。
去年は妊婦&胎児で受けられなかったカワ君と私は張り切って参加。
愛ちゃんは例年どおり参加。よって、愛ちゃんには3回目(正確には4回目)の予防接種になる。

今回はいつもの予防接種の感じとは違うシチュエーション。
子供達の予防接種(麻疹とか3種混合とかの)や今まで受けたインフルエンザの予防摂取は前もって保健所に予約を入れて、個室に案内されて、看護士さんから十分な説明と案内があってからプライベートに受けるものだった。
それがカナダ式なんだ!と思っていたら、
今回のは日本ではお馴染みの集団接種。
予約を入れて、家族だけでプライベートに受けることも可能だったけれど、この集団接種だと予約無しで受けられるからいちいち都合の合う日時まで待たずに済む。

行われた場所は医療施設とは全く関わりのないショッピングモール内の空きスペース。
初めは同じモール内(外側)にあるウォークイン・クリニックでやっているのかと覗いてみてもあまり人がけは無し。でも、やけに駐車場が込み合っていたからモール内を歩き回って見つけることが出来たぐらい、予想も付かない場所だった。
仕事返りに立ち寄ることになっていたダディも同じ勘違い。
いったい何人の人が間違えたことだろう。

午前9時から午後4時まで開かれていた予防接種会場。
ダディの勘違いもあって終了10分前に受付。
狭い会場内にはブースが10カ所ぐらいあって、20人近くの看護士さんが片付けたり、入ってくる人の対応に追われている感じだった。幸い私達は残りの数名の状態だったから、プライベートに近いものだったけど、ピーク時はどんなんだったんだろうと貧しい国での予防接種の状況を思い浮かべてしまった。
小学校の時に受けたような効率的な感じでもなく、空いている所に「こっちに来て!」って呼ばれ、そこで荷物を下ろし、上衣を脱いで...って。

そんな中、一番始めに注射に挑んだのはダディ。
平気そうにしているけど、実はドキドキしているんだろうなっと心の中を読み解く私。
その前で私に抱っこされたカワ君。
痛みに強い愛ちゃんとは違って、終わった後もしばらく悲鳴と号泣が続いた。
そして、愛ちゃん。
ちょうど眠い時間だったこともあって、
「寝ている時にやったらいいよ!」
と言っていたけど、眠ってもいられなかったようで、取り敢えず痛みにはしっかり反応。
でも、すぐに泣き止んだ。
私、怖くはないけど、針を刺す時や刺している間よりも終わった後の筋肉の痛みの方が強かった。
「後で痛くなったら鎮痛剤を飲んでもいいよ。」
と出産後の看護士さんのように痛みへの対応策をアドバイスされたけど、
薬を飲む程の痛みではないような...。
それとも、この国の人達は我慢なんてしないのか?

会場を離れても予防接種後の過剰反応に対応出来るように15分ぐらいはモール内に居るようにと帰り支度をしている看護士さん達に言われた。
え、でもみんな、もう帰るんでしょ??


取り敢えず、5分ぐらいは会場の前の椅子に座ってみた。
その時のダディの言葉。
「大して痛くなかったよ!」
やっぱり怖かったのね...。
本当に男って恐がりというか、我慢が足りないと言うか。
そんな恐がり男チームのカワ君にはもう一回残っているのよねっ。


取り敢えず、これで今年は健康的に年越し出来るかな。

ついに来たっ!

2008.11.15 (Sat)

金曜日、愛ちゃんの待ちに待っていた初雪がカムループスの平地にも降った。
2週間くらい前から
「お母ちゃん、もうすぐ雪、降りそうやよ。」
と、曇り空を見る度に連発していた言葉がやっと的中。
朝から、
「雪、降りそうだねぇ。」
と窓の外を見ていた愛ちゃん。

午前9時頃、ベイスメントで洗濯をしていると上から叫び声が。
「キャー、お母ちゃん、雪ぃー!「
「降ってるよー、雪ぃー。」
本当かよと思って上に行ってみると、
ちらちらと白い物が舞っていた。
「お外、行きたい! お外、行きたい!」
と興奮する愛ちゃん。
「え、寒いよ、外は。雪、降ってるし。雪で遊びたいならお昼ぐらいまで待たないと。」
実はつき合う私が寒くて出たくない気分だったけど、愛ちゃんの期待通りに雪が少しずつ積もりだした。
1時間後には辺りは一面うっすらと白くなったから、仕方なくカワ君のお昼寝の時間に合わせて愛ちゃんに防寒着を着込ませる。

雪で遊ぶことを心待ちにしていた数週間。裏庭のブランコの下に片付けたシャベル目掛けて一目散。
本格的なスノーシーズンになってしまうと、乾燥地帯のカムループスの雪はサラサラ過ぎて雪玉が作れない。よって、雪合戦も出来なければ雪だるまだって作れない。(作ろうと思えば作れないこともないんだけど...。)スキーやスノーボードには最高の雪も雪遊びには向いてない。でも、まだ振り出しの雪には雪同士がくっ付き合うのに充分な水分があって、遊ぶにはもってこい。数センチしか積もっていないから雪だるまを作るには物足りない。雪玉が大きくなるのはいいんだけど、雪と一緒に落ち葉や砂も引っ付いて、汚い雪の塊にしか見えない。せっかく作った日本式(雪玉二つ)の雪だるまもあっという間に愛ちゃんに壊された。

子供の頃からそうだったけど、寒がりの私は雪で遊ぶのに1時間も持たない。
20分ぐらいで手が冷たさで痛くなり、カワ君の泣き声を理由に家の中へ逃げ込む。
が、一人遊びに夢中の愛ちゃんはテラスに積もった雪でその後30分以上は遊んでいた。
中から愛ちゃんの様子を伺うカワ君と私。
「ボクも!ボクも!」
と言わんばかりに騒いでいたカワ君だったけど、長靴が履けるようになるまで待ってくれ。
愛ちゃんよりも歩けるようになったのが早かったカワ君にはスノースーツも長靴もまだちょっとばかり大きい。雪と戯れるだけなら、本格的なスノーシーズンで充分だろう。
今年は家の前も奇麗に舗装がされているし、隣の原っぱにはスロープもできた。
ソリ遊びが楽しみだ。

雪山に行かずともスキー(スノーボード)の練習も可能かな?



親子で初体験

2008.11.20 (Thu)

昨日、愛ちゃんと二人でカナダで初めて歯医者に行って来た。
二人とも歯に異常があって行った訳ではなく、単なる歯科検診。
我が家で歯医者のお世話になっていたのはダディだけだったのだけど、歯が欠けて歯医者に行って以来、1ヶ月毎に歯のクリーニングに通っていて、ずっと私達の歯科デビューを望んでいた。

虫歯で歯医者に駆け込むと言うよりは歯列矯正(親知らずの抜歯)や歯石除去ぐらいでしかお世話になっていなかったここ十数年。日本で最後に歯医者に行ったのもカナダに来る前に行った歯科検診。かれこれ3年くらい前のこと。小さい虫歯はあるけれど、詰めて治す程でもないと言われて歯石除去だけしてもらった。

歯の磨き方に関しては、歯列矯正で歯医者に通っていた時に何度も教えてもらっていて、かなり自信があるからいつもダディの磨き方をこけにしている。しかも日本の歯医者さんには「奇麗な歯(虫歯が無い)ですねぇ。」って褒められることが多かった私の歯は治療用のドリルの刃を新調しなければならないくらい頑丈だったりする。そんな私の歯が実際にプロの目で見たらどんなものか?と歯医者で悪く言われることをダディは楽しみにしていた。

愛ちゃんの歯に関しては、今までの歯磨きの成果が表れるところ。
仕上げ磨きはしているものの、しっかり磨いてあげられているかは不安だった。
しかも、夜しか磨いていないし、磨いた後に牛乳を飲んで寝ていたし。

結果。

愛ちゃんの歯は現在、上の歯10本、下のは10本とも奇麗に生え揃っていて、隙間も大人の歯が生えやすそうな完璧なものらしい。
「Beautiful teeth!!」
と何度も褒められ、虫歯も発見されず、
「これ以上、特に何もすることが無いので6ヶ月後にまた来て下さい。」
とのこと。

そして、私。
笑顔のおばちゃんドクターから、
「レントゲン写真で見る限り(歯科検診の前に10枚程の歯のレントゲン写真を撮れれた)、歯と歯の間に小さい虫歯が見られますけど、治す程ではないです。あとは次回のクリーニングの際にハイドロジェニスト(歯科助手?)がもう一度チェックして、今後のプランを考えましょう。」
との事。
「愛ちゃんの歯の奇麗さはお母さんから来てるのねぇ。」
ですってよ、ダディ。

家でカワ君と留守番していたダディは帰るコールの時からドクターの反応に興味心身。家に帰ってから状況をゆっくり説明すると、期待に反する言葉の連続でがっかりした様子。何度も、
「初めてだから失礼にならないように話してくれただけだよ。」
言い張って信じない。
そして、歯科検診だけで帰って来た事にも驚いていた。
だって、初めての検診だとレントゲン写真を撮られたり、歯の状況についてカウンセリングがあるから時間がかかったのよ。(私も驚いたけど...)

それにしても、これからお世話になる歯医者さん。
とっても現代的で奇麗なところ。
新しいクリニックということもあるけれど、処置椅子の前方は(明るければ)トンプソン川が見渡せ、見上げるとテレビが付いている。機材類はすべてピカピカで周りはとても明るい。スタッフは女性のみでとても明るい雰囲気でもある。日本の歯医者のような消毒臭さはあまり感じなかった。子供の対応には手慣れたもの。初めての愛ちゃんにはあまりにも楽しい所過ぎてまた行きたい所だったらしい。
奇麗なお姉さんに遊んでもらって、お土産の歯ブラシももらえたもんねぇ。

普通の病院&クリニックでは医療費が無料になるカナダ。
眼科や歯科などの特別なクリニックでは追加料金がかかったりするらしいのだけど、ダディの職場の保険が効いて、私達の今回の歯科検診も無料だった。
こちらも無料でありがたいけど、この歯医者、どれくらい儲かっているのだろうと思う程奇麗なところだった。
どうせ無料で使えるなら義理両親が昔から通っているらしい昔風の歯医者に行くより、こっちを選ぶのが普通じゃないのか?

変化を嫌う北米人。息子に勧められても意思を曲げない頑固な両親。
本人達が満足ならそれでいいかっ。

CPR講習

2008.11.23 (Sun)

先週、英語クラスの先生からあるチラシを渡された。

内容は無料でCPRの講習が受けられるというもの。

CPR?

耳慣れない言葉。すぐに、
「CPRって何ですか?」
と聞いてみると、人命救助とか何とか...。
私なりに自動車運転教習所や空港勤務時代にやった人命救助法の講習だと解釈。

正確には心肺蘇生法(しんぱいそせいほう CardioPulmonary Resuscitation; CPR) by ウィキペディアのことらしい。

心肺蘇生法に関しては、保険委員だった高校生の時から始まって、教習所での講習、空港勤務時代で参加した救命救助訓練で何度も経験がある。
だけど、何度講習を受けても本番で本当に自分が率先して行う事ができるのか不安でたまらなくなるくらい忘れている事が多い。

今回は英語での対応の勉強と就職に必要とされることもあるファーストエイド資格取得の準備段階として、早速参加してみることにした。

講習には小学校高学年と思われる子供から立ち上がるのに一苦労そうなお年寄りまでという幅広い年齢層の25名が参加。私以外は英語がネイティブの地元の一般人ばかり。
講義はもちろん、地元の一般人向けの英語の早さで進んで行く。聞いた事も無い単語の連続でもらったテキストのページに付いて行くのがやっとだった。書き込みなんて全く不可能。
兎に角、重要なのはABC
一般住人の私にはそれだけ覚えただけでも十分だろう。

A:Airway   (気道確保)
B:Breathing (人工呼吸)
C:Circulation(心臓マッサージ) 講習中は頻繁に出てくるのに何のことだかさっぱり分からなかった単語

Remember!
You can't go to B or C without working on A.
OK?

覚えておく事!
Aをやる前にBやCには進めないんですよ。
分かりましたか?

これだけはゆっくり何度も何度も言われたので、覚えられましたわ、先生!


3人一グループになってやる実技の訓練も英語がネックに感じることもあったけど、
「(助けを呼ぶとき)周りに居る人が英語が通じる人かどうかも分からないんだから、分かりやすくでいいんだぞ!。」というインストラクターの言葉で少し緊張が解れ、人工呼吸の実技以降は経験が自信にも繋がった。

ただ、未だにAの行動にうつる前に、状況判断をするのが難しそうに感じる。

「大丈夫ですか?」
と声を掛け、周りの人に助けを求め、危ない場所だったら移動させる...。
って、
その人の首の骨が折れてたらどうするの? 
大出血していたら...。日本で止血法は習っているけど、血液恐怖症の私が動けるのか??


去年、愛ちゃんが熱性けいれんを引き起こした時、どうしていいのか全く分からなかった。

もしも、....。

もしもに遭遇するのは人生のうち数パーセントあるかどうか。
今日、ボランティアで講習を行ってくれた講師おじさん達はこの仕事に関わってから数十年、普段の生活の中で常に携帯している手袋も人工呼吸用のマスクも使った事はないそうだ。

実際に自分がやれるかどうかは分からないけど、知識が無いよりはあった方がマシだろう。
英語が殆ど分からなくても取り敢えず修了書はもらえたから、履歴書にも書いておける。
就職の幅が広がると言う意味でも受けていて損をすることはない講習。

もう少し自信をつける為にも次の段階もトライしてみよう!

写真をアップしました。

2008.11.30 (Sun)

愛ちゃんの誕生会にて
3歳のバースデーケーキ by 八重さん

さらに詳しく...

ハロウィーンの様子
2008ハロウィーンコスチューム

他の写真も見る

初めての七面鳥はこうだった。
見た目より味

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品