頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来るの、来ないの?

2008.12.02 (Tue)

12月も2日が過ぎてしまった。
早いもので2008年もあと1ヶ月になってしまった。
そして、カワ君なんてあと1週間もすれば1歳。
去年の今頃は「そろそろ...。そろそろ...。」
前駆陣痛に悩まされていたり、ばぁちゃんのカナダ到着前でワクワクしていたり、近くに住んでいる筈なのに必要な時に全くもって頼りにならない義理両親に嫌気がさしていた頃。
日記を遡ると、去年の今頃は結構寒かったのねぇ。

カナダに移り住んで3回の冬を経験して、体が寒さに慣れてきたのか、今年は比較的暖かく感じる。
セントラルヒーティングの設定温度も華氏68度(摂氏20度)で暖かいと感じられる程。
日中は外出用の温度設定のままでも大丈夫なくらい。
去年は同じ温度設定では寒くて仕方がなかった。
隙間風がピューピュー吹き込む我が家。隙間を外から塞いでみたからか、外からの風の温度自体が高いからか、快適温度を維持できている気がする。

そんな暖かいと感じているカムループスの本日のお天気は素晴らしく晴れ渡っていた。
朝は霜が降りていたけど、英語クラスから帰ってくる頃には手袋無しでも歩いていられるくらいだった。手袋どころか、私の上着。
去年はもっこり厚手のジャケットは暑がり妊婦の時でも大活躍だったけれど、今年はまだ2回しか着ていない。今のところちょっと厚めのフリース止まり。
ババシャツは既にご愛用だけど、ズボン下の出番はまだ1回きり。(って、履いたのかよ!

そんな中、昨日は地元のスキーリゾート(サンピークス)では地元民対象に入場料(利用料?)が2ドルで解放されたらしい。通常は何十ドルもするんだけど。
既にスキー場はオープンしている筈なんだけど(例年通りだと)、雪は人工雪を混ぜないと足りないくらいらしい。白く見える山でも雪が足りないだなんて。
私の体が寒さに慣れただけではなく、やっぱり今年は比較的暖かい冬の始まりのようだ。
初めて冬の訪れを迎えた2年前とは大違い!
あの時は11月でマイナスを下回っていたのよね。
「寒い、寒い。」と文句を言う度に、周りから
「今年は特別だよ。去年まではもう少し暖かかったんだよ。」
と言われて、気分が更に滅入ってしまったのを思い出す。
乳飲み子を連れてどこへも行けない毎日。11月だと言うのに(日本ではまだ食欲の秋だった頃)真っ白い世界を眺めながら家に籠る日々...。

今年は乳飲み子を抱えてはいるけれど、迷う事無く外に気軽に連れ出せる程。
大した防寒もあまりしていない。
見上げれば真っ青の空、茶色が多くてもまだ普通の色が残っている世界を前に気分も軽やかになる。外に出てみよう!と思ってドアを開けて、家の中に退散してしまった去年とも大違い。

今年はどんな冬になるんだろう?
スポンサーサイト

我が家のものじゃないけれど...

2008.12.05 (Fri)

今日は英語クラスで一緒だったイタリア人のクラスメイト、グラッツエラが来週帰国するということで、同じく日本人のクラスメイト、ミナコさんと一緒に我が家に集ってもらった。
一応、お別れ会と称するものの筈だったんだけど、殆ど主役のグラッツエラに本場のイタリアの味を伝授してもらう会になってしまっていた。

前日までは日本食でもてなそうか、中華でもてなそうか、はたまた洋食でもてなそうかといろいろ悩んではいたんだけど、前日、本人から
「ティラミスを作ってあげるわよ!」
と言われ、だったらイタリアンを教えてぇ!ということになり、
ニョッキとティラミスを作ってもらった。
でも、ただ作ってもらったというよりは、講習会。
我が家の秤が壊れていたお陰で分量は適当になってしまったけど、手順やコツなどを教えてもらえて、今後、パスタ以外のイタリアンが我が家の食卓に上がるのは間違い無しだ。


遥か昔、実姉が日本のレシピでティラミス作りにハマった事があった。
その時は確か、市販のカステラを使っていたように思ったけれど、本場物はカステラではなく、乾燥したビスケットのような焼き菓子を使用する。
「本当は食べる日の前日に作ると、クリームが馴染んで美味しいんだけど...。」
と言われた通り、時間を置いた後に食べると、焼き菓子の部分がしっとりして、カステラのような食感に変わっていた。
こちらではなかなか『市販のカステラ』というのは手に入り難いから、彼女が持参した焼き菓子さえ入手できれば、私もティラミス作りに挑戦出来るハズ。
でも、もって来てもらった材料を見ると、材料を揃えるだけでも結構なお値段。
再々は作れないかな...。
でも、カフェメニューには登場できるかも?とまたまた勝手な空想が広がってしまった。

それから、意外に簡単で美味しかったニョッキ
材料はジャガイモと小麦粉と卵(卵黄)に塩少々。
あっという間に出来てしまったから、これは来週には食卓に上がることだろう。
何て言ったって、カワ君がたいそう気に入った模様。
団子のような食感に大興奮のカワ君。一口食べる毎に喜んでいた。

更に驚いたのは茹でたものをソースに絡めるだけではなくて、揚げニョッキなるものがあるということ。
「塩を入れるのを忘れたから...。」
と揚げたニョッキに塩を振りかけたから、フライドポテトのような感じ。
なんだけど、モチモチっとしてる。
「熱いうちに食べた方が美味しいよ。」
とは言われたけど、冷めても美味しかった。

イタリア料理も和食や中華と同じく、出来上がったらすぐに食べましょう!
ってな程、出来立てが肝心。
すぐに座って食べられるようにニョッキを茹でる前にテープルセッティングを完了するように指示されたんだけど、こういう気の回しはオーブン料理で育ったダディには全く期待出来ないよなぁ。

加和人 満1歳

2008.12.11 (Thu)

早いもので、カワ君が我が家の仲間入りを果たしてから1年が過ぎた。
あっという間もあっという間。
去年の今頃は、ばぁちゃんがいて...と思うとちょっと寂しい気分にもなってしまうが、ドシドシと歩いてくるカワ君の姿が面白くてたまらず、寂しさも一気に吹き飛んだりもする。

彼は本当に和を加えてくれる人だなと思うこの頃。
愛ちゃんが赤ちゃんの頃は笑顔は見せるけど、なかなか声を出してまで笑わなかった。
カワ君はちょっと相手にしただけでケラケラ笑ってくれる。
二人目だからか人の真似をするのがお得意だ。
最近では手を合わせて「いただきます(い...す)。」とか「ごちそうさま(ご....た)。」が言えるようになって、可愛さが増して来た。
今が一番可愛い時なんだろうなぁっと、あと数ヶ月後にはやってくるだろうイヤイヤ期を不安に感じたりもする。

1歳の誕生日の当日はなんだか輝いて見えたカワ君。
生まれて来てくれてからあまりゆっくり相手にしてあげられていなかったから、初めてかもしれないけれど、心から愛おしいと朝から思ってしまったくらい。
そんな訳で、手抜きが続いていた子供の誕生日だったけど、久しぶりに頑張ってみた。
バースデーケーキも生クリームにイチゴとラズベリーのデコレーション(?)ケーキを手作りしてみたり、お子様ランチ風にチキンライスも丸く盛ってみた。カワ君でも最後まで食べられるようにカボチャのスープと、先日気に入ってモリモリ食べていたニョッキに初挑戦で作ってみたり(失敗に終わったけど...)。

愛ちゃんの1歳の誕生日は一緒に祝ってもらえる他の家族が居なかったので、親しくしてくれていたお友達を誘ってのお祝いだった。
今回は私達家族だけのささやかなお祝い。日本に居たら、じぃちゃんやばぁちゃんにも一緒に祝ってもらえそうだけど、こちらのグランパ&グランマには孫の誕生日を一緒に祝うという興味は無いらしい。まぁ、自分たちの都合が一番!な人達なので気を使わないようにするのが良策だ。

誕生会を開かなかったこともあり、カワ君への誕生日ギフトも最小限に収める事ができた。
これから、クリスマスプレゼントとかで増える訳だけど...。
私からは私でも簡単に読んであげられる英語の絵本、2冊。
愛ちゃんの方が気に入って喜んでいる気がしないでもないが...
ダディからは子供用ホッケー(or サッカー)のセット(ホッケーのスティック、ボール、ゴール)。持ち運び用のキャリーバック付き。
当日は平日でゆっくり遊べないからと前日の日曜日に購入。そして使用開始。
さすがは男の子(と言っていいものか?)。かなりお気に召したらしい。
スティックの持ち方も愛ちゃんの時とは違って、既に様になっている。ここ数日、一人でも嬉しそうにスティックを手にボールを追いかけている。
ダディは我が家からゴルフ選手を輩出したいみたいだけど、ホッケー魂はグランパから受け継がれているし...。どうなることか、今後に期待?

快晴 気温 -22度

2008.12.15 (Mon)

ついにやって来てしまった、本格的な冬。
先週の金曜日の早朝(木曜日の夜?)から一日中降り続いていた粉雪で普段は茶色いカムループスも白銀の世界に様変わり。

金曜日はまだマイナスも10度を上回っていたから、午前中1時間近くも外で雪と戯れる余裕あり。
週末はマイナス10度を下回るくらいまで気温が下がり、現在朝8時30分過ぎ、気温はマイナス22度
どういう寒さかというと、

濡れた髪の毛のまま外に出ると、一瞬に髪の毛がバリバリに凍る
外に置いた物はすべて凍る (バナナで釘が打てる筈
車の中にあるものも凍る
車の窓に付いた水蒸気は一瞬で凍り、窓が開かなくなる。(冬期は窓をあけるな!とダディから忠告された
オートロックの鍵が壊れそうになる (危うく子供達を車の中に閉じ込めるところだった...
車のドアも玄関のドアも張り付く(濡れた手で触ると引っ付くぞぉ!
露出している肌の部分(手、耳、顔)は10秒で痛くなる
エンジンオイルだか、ブレーキオイルだかが凍って車の調子もおかしい。

ということで、外出するのは止めて家の中に避難中。

朝、行くか行くまいか迷った英語クラス。
食料の買い出しにも行かなきゃ行けないしと思いながら用意はしてみたが、出発前に英語クラス用の託児所担当のジュリーから電話をもらう。
風邪をひいてしまって、子供達にうつしてはいけないから仕事を休まなくてはならないと酷い声。
ダディも一緒に車で行くつもりだったから、バスで行くには遅すぎる時間。
ダディを学校まで送るついでに買い物に行こうと決めた。
ところが、↑のように車の調子がおかしい。
すべてが凍てついている感じで、
ギアーを変えるのも ...?
ブレーキも ...?
ブレーキの調子が回復して来たと思ったら、エンジンの方から変な音が聞こえ始めた。

えぇ、ダディを送ってから帰りに車が止まったらどうしよう。

と思っているところに、同じ方面に向かう近所のおじさんを発見。
ダディは途中で乗り換え、私たちは家に戻って来た。

今日は一日、引き蘢り。
外は雲一つない快晴の素晴らしいお天気。
カムループスの典型的な冬。

始まり、始まり!!





母一人

2008.12.24 (Wed)

なんだか、沢山記事にしたいことはあったのにバタバタしてしまっていたこの週末。

先ずは金曜日から。
12月19日の金曜日はダディの36歳の誕生日。
学校の最終日でもあったから、誕生日どころか...と過ぎて行った感じ。
しかも、最終日の日本語のクラスで習字指導のボランティアを頼まれて、当日はなんだかウキウキ気分だった私。
大きな失敗を仕出かした!
いつもの事ながら...って感じではあるけれど、大遅刻
朝から張り切って準備を進めていた筈なのに、一番忙しくなる時間にどうでも良い義理母からの電話。 イライラして電話を切った後、ふと時間が遡った感覚を味わう。
「ん?何で私、急いでるの?」
その後は急にペースダウンでタラタラと過ごしている愛ちゃんに時間を合わせる。
「ちょっと早めに行っておこう!」
なんて思って家を出たものの、パーティー用に頼まれていたお寿司を取りに行ったところで時間の読み間違えに気づく。

...。

頭から血の気が引いた。
店に到着する直前に携帯にダディから呼び出しがあったけど、
「運転中!」
と、でっかい態度で電話を切った直後の事。

はい、1時間遅刻。

ということで、せっかく張り切っていたボランティアのお仕事も出来ずじまい。
教室には入りづらい雰囲気...。
熟睡真っただ中だった愛ちゃんのご機嫌も激悪。
頼みの綱は「和み系」カワ君。
ダディの機嫌を少しは和らげてもらえた様子にホッとした。

私たちの遅刻に伴い、遅い昼食になってしまったせいで、夕食に対する食欲も半減。
せっかくのダディのバースデーディナーもチャイニーズのテイクアウトで済ませることになってしまった。
一応、義理両親を我が家に呼んでのバースデーディナー。
ダディはどうしてもおごりたかったらしく、私が夕食を用意すると言っても頑に拒否。
立て続けに予定が入り、家中の掃除が追いついていなかったところに、急遽義理両親の訪問。1時間で部屋中を片付け、掃除機がけをダディに頼んで、食料の買い出しに出かける。
バースデーケーキなんて作っている暇はなかったから、買おうか買うまいか悩んだ末、息子思いの義理母が作ってくれるだろうという期待もむなしく、ケーキ無しでバースデーディナー終了。
ダディには申し訳ない誕生日になってしまった。

翌日の土曜日。
愛ちゃんの今年最後の体操教室。
いつもは顔なじみのお友達が居ず、あまり楽しそうには見えない愛ちゃんも、この日は仲良しのキヨちゃんが振替レッスンで参加してくれていたから、めちゃくちゃ楽しそうに参加していた。
その後はクリスマス・ショッピングへと繰り出し、夜はダディの同僚宅でのクリスマス・パーティーへと出席した。
義理両親がアリゾナに行っていた数ヶ月はダディと二人きりで出かける事なんて出来なかったけど、久しぶりの子供同伴無しパーティ。英語での会話にも集中して参加することが出来た。会話が弾めたのはネタのお陰。ここ毎日のバタバタ生活は変化の無い毎日よりも話すネタがありすぎて、英語力なんて気にする暇もなく会話を続けることが出来る余裕が持てる。
「最近、どう?」
と同じ質問を受けても、
「悪くはないよ(Not too bad)。」
とか、適当に
「良いよー(Good)。」
なんて済ませて、終了!ってことが多かった。
今の状況だと、
「英語クラスに通っているから忙しいの。子供達もそこのデイケアに行ってるんだよ。」
なんて話題も提供できて、
「子供達、どんな感じ?」
って話が続いて行ったり。
あっという間に子供達の就寝時間になっていた。

更に翌日の日曜日。
朝から、大興奮特にダディ)。

我が家の庭に野生のシカが現れた。

愛ちゃんには
「サンタさんに頼まれて、シカさん、愛ちゃんが良い子にしてるか見に来たよ!」
と、言ってみたら、すかさず聞き分けの良い子に変身してた。

庭に住み着いているリス君の登場は見慣れて来た最近、野生のシカはかなりのインパクト。

シカさん、また、お出で下さいませ!

昨日の月曜日はまったり&バタバタで一日が終了。

そして、

そして、今朝8時。
我が家のガキンチョ3人(大人1名含む)が義理両親と共に隣の州(アルバータ)に住む義理姉宅にクリスマス・ホリデーに出発していった。

なんと、今日から5日間。
私一人のクリスマス・ホリデーでございます!

ウフフフフ...。

子離れにも障害が...。

2008.12.25 (Thu)

一人生活二日目!

と言っても、お昼はサヤカさんと買い物に行った後にクラフト&おしゃべりクラブの活動後、夕食時にはアヤさんも加わって楽しいひと時を過ごす。更に夜はアヤさんと沙羅ちゃんが我が家に泊まってくれたので、一人寂しくと言うよりはおしゃべり続行で楽しく1日目を終了。

キングサイズベッドに初めて一人で寝る心地、最高!!

夜中に誰かに起こされる事無く、3年ちょっと振りに熟睡ができた。

快適な朝を過ごしてはいたのだけど...。

1歳になったばかりのカワ君はまだ卒乳してなく、愛ちゃんの時はあっという間にしぼんだおっぱいもまだまだ健在な訳で...。

痛いんです!おっぱいが!

どんどんカチカチに張って来て、アヤさんの提案で沙羅ちゃんに張りの緩和にご協力頂こうと試してみたんだけど、やっぱりお母さんじゃない人のおっぱいは受け付けないらしく。
薄~いおっぱいじゃ、あっという間に拒絶されてしまった。
誰のおっぱいでも言い訳じゃないんだねぇ。とおっぱいの神秘さを感じてしまった。
で、じゃあ、カワ君はどうだろう??との疑問が浮上。
果たして彼はアヤさんのおっぱいに興味を示すだろうか?

まぁ、男なんでねぇ。そこら編はちょっと想像がつかない訳でもない気がするんだけど。

試してみるのが楽しみだ。

って、言っている場合じゃない程痛いおっぱい。

とりあえず、手絞りで100ccぐらい絞ってみたら、少しはマシになったけど、やっぱりまだカチカチ。

「カワくーん!」

と叫びたくても、会えるのは3日後?4日後?


で、子供達はどうしているかというと、ダディから状況報告の電話がかかって来た。

愛ちゃんがマミーが居ない!と怒っているらしい。
電話口に出た愛ちゃん。
「...。 ...。 なんでぇ(小さい声)。...。愛ちゃん、お母ちゃんのお家で寝たーい。」
しばらく話してみたけれど、最後には泣き出した。

ダディよぉ。出すなよ~、子供達を電話にぃ。

カワ君の声は殆ど聞こえなかったけど、子供達が思い出すじゃん!
彼らの様子は気になるけど、声を聞かせてしまうと寂しがるのは分かっていたよ。
気が利かないんだよなぁ、ったく。

で、大変なのは夜だけなんだそうで。

私だって最初は大変な夜を過ごしましたわよ!
最初はどころか、毎日大変なんでございます!
5日間ぐらい我慢せよ!

ある意味、帰って来てからが楽しみだ。

一人クリスマス

2008.12.26 (Fri)

一人生活3日目。

今日はクリスマス。

例年だと、

朝はクリスマス・プレゼントの開封から始まる。
そして、恒例のクリスマス・ブレックファーストは毎年同じメニューの朝ご飯。
お昼はダラダラと過ごして、夜はクリスマス・ディナーでサンクス・ギビングデーと同じようにターキーを食べる。

という過ごし方。

今年の一人クリスマスは一応、午前中に一人で既に義理母からもらっている私宛のプレゼントを開封した。
またもや、アリゾナ滞在中に買って来たのであろう返品の出来ない半袖の服が2枚も入っていた。
だから、洋服は要らないんだって...。どうせなら、冬物が欲しかったけど、きっと手頃に変えるのは半袖ってことよね...。

後はバッグとスチーム掃除機に手作りクッキー。
レシピ通りにしか料理を作れない義理母のクッキーはベイキング下手の私には真似の出来ない美味しさ。
初めて過ごすクリスマスの時に「美味しい!」と言ったブラウンシュガーのクッキーやショートブレッドは私のお気に入りで、それは毎年必ずギフト缶に詰めてくれるんだけど、一番嬉しいものだったりする。
買ったものよりも手作りって言うのに惹かれる私。


午後は
キッチンの大掃除と戸棚の総入れ替え。
実のところ、まだ終わっていないけど、新しく買って来た戸棚を一人で組み立てるだけで半日を費やしてしまった。
まぁ、それだけでもダディを驚かせる事が出来るだろう。

殆どクリスマスらしい食事を取る事も無く、冷蔵庫の余り物で遅い朝食を通り越して、早めの夕食を取る。

夜、ダディからの近況報告電話あり。
今日の愛ちゃんはプレゼントを沢山もらってかなりご機嫌な声。
完全な英語環境に埋もれている中、しっかり私とは日本語。
よしよし、日本語忘れるなよ~。
私たち家族には義理父から1300ドルの小切手をもらったそうな。
何よりもありがたいが、普段ケチっている分がここに来るっていうのも...。
出来れば普段からもっと太っ腹でいていただきたい。

私たち夫婦間ではまだプレゼントを渡し合っていない。
欲しいものは決まっているから、これからのセールで買う事にしてるんだけど、フードプロセッサー?エスプレッソマシーン?大型炊飯器?どれを買ってもらうか迷うところだけど、もらった小切手を手元に全部!なんて無理かな、やっぱり。




帰って来た

2008.12.30 (Tue)

バタバタの日常。
ごちゃごちゃの家の中。


土曜日、奴らが帰って来てしまった...。

「帰りはいつ?」
の問いには
「土曜日か日曜日。まだ決まっていない。」
のまま連絡がなかった土曜日の午後5時半。
ついにダディからの電話。
「今から30分後に実家に迎えに来て!」
「え、今日帰ってくるの?」

「30分後って!!」

なかなか連絡が無いから帰りは日曜日かと思い、ダラダラと過ごしていた土曜日。
仕上げは夜!と思っていたところだから、部屋の片付けはかなり中途半端。
一応、子供達が居たら絶対に手をつけられないところは終了していたから良かったものの、
朝からシャワーさえ浴びてなかった。

とっととシャワーを浴びて、ダディの実家に迎えに行く。

つうか、どうせ荷物を車に乗せ替えるくらいなら、そのまま自宅まで送ってもらえばいいのに...。

彼ら(カナダ人)の要領の悪さと未計画な行動に疑問を持つ私。


結局、私の一人クリスマス休暇は5日で終了。
ダディの実家で一目私を見てからは、「置き去りにしないで~!」とばかりに追いかけて来たカワ君。超ママっ子になってしまった。
一方で、母親が居ない状況に慣れつつあった愛ちゃんは
「今日、グランマのお家で寝たい!」
サンタさん達からクリスマス・プレゼントをもらった後からはご機嫌だったようで、ママ恋しさも薄れたらしい。

せっかく片付けた家の中。
一瞬にしてごちゃごちゃになった。
段ボール2つぐらいにはなるおもちゃの山。
更なるおもちゃの大量増加ではあったけど、元々の山を片付けてあったから、なんとかおもちゃの棚には納まった。

ずっと、ダディの反応が気になっていたキッチンの新しいキャビネットと棚の総入れ替え。
かなり気に入ってもらえた様子。
しかし、私が片付けた事よりも、「キャビネットを買おう!」という自分のアイディアが良かったとうるさい。

翌日になって、クローゼットの総入れ替えにもやっと反応した。
自分のクローゼットよりも、ごちゃごちゃだった私のクローゼットの中身がすっきり奇麗に片付いているのを喜んでいたけど...。

2008年も残り2日。
カナダでは年末に大掃除をするという風習は無いから、去年も一昨年もさぼっていたけど、今年は頑張った感じ。

まだやりかけの部分はあるけれど、今年はすっきり新年を迎えられそうだ。






 | HOME | 

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品                              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。