頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動

2009.03.07 (Sat)

なかなか日記を更新出来ないまま3月も1週間が過ぎて行く。
早いものだぁ
我が家に住み込みベビーシッターAさんが来てくれて1週間。愛ちゃんはすっかり懐いた様子。家でも真剣につき合ってくれる遊び相手が見つかって今まであまり使っていなかった子供部屋(おもちゃ部屋)に閉じこもり気味にもなっている。
ドアノブを回せないカワ君に邪魔されないようにドアを閉めてAさんとおもちゃ遊びに熱中する愛ちゃん。
カワ君も何とかAさんの存在には慣れた模様。
愛ちゃんが一緒であれば問題は無さそうだ。


問題があると言えば私の仕事探し。

単なるパートタイムの仕事探しなのに学生の頃の就職活動を思い出す。
日本では、電話したらすぐに面接の日程を告げられ、面接の翌週ぐらいには仕事が始められたものだけど、なかなか思うように面接まで辿り着けない。
それもこれも、アポイントをとってから面接の日を決めるというよりも、『履歴書を持参して直に出向く』というやり方がどうも私には合わない。
『履歴書が型にはまったものでない』というのも、本当にこれでいいの?と自ら疑問に思ってしまうくらい、堂々と手渡す自信を無くす原因だったりする。
おまけに履歴書を仕上げるまでに身内のチェックが2回ばかり入る上、カバーレター(履歴書に添付する手紙)でさえも自分の言葉を書き換えられる。

辿々しい英語での会話の末に手渡した履歴書の英語が完璧だったりするのっておかしくないかい??

そんな疑問を持ちつつも、取り敢えず3軒の就職希望施設を回ってみた。
折り返しの連絡を待つ事数日間。

当の本人よりも焦る就職活動応援隊(?)
応援しているのか、不安にさせているのか。
なかなか来ない返事にやきもきし始め、今頃になって友人知人に連絡を入れようと試みたりしている。
ここはカムループス。
今でもコネが一番強力な就職手段であることは最初から分かっていた筈なのに...。
子供の世話もさることながら、全く当てに出来ない義理の家族達。

やっぱり自分のやり方を通すしかないかなと思い始めている今日この頃。

カムループスはまだまだマイナスの気温が続いていますよ~。
数日前のプラス10度近くの陽気ですっかり残雪も少なくなり、茶色の世界が戻りつつあるのは見苦しく、早く僅かな緑が増えてくれと願うばかり。




スポンサーサイト

おかしな天気

2009.03.15 (Sun)

3月も中旬になった。
日本はどれくらい暖かくなったのだろう?
先週はマイナス10度を下回った日もあったくらい冷え込んでいたけれど、今週からは春らしい気温になってくるという天気予報。
でも雪マークもあったりして、どんなものかと思っていたら...。

久しぶりに朝、8時頃まで寝ていたら、窓の外が明るく、すっきり青空が見えていた。
おぉ、今日は天気が良さそうだぁ!
と思う事数時間。
うっすら雲が広がって来た。
曇り空が続いた午後2時半頃、チラチラと白い雪が舞い出した。
天気予報は当たったようだけど、有難くない展開。
えぇ、また雪、積もっちゃうの?
と思っているのもつかの間で、その数時間後にはまた青空が広がり、暖かそうな日差しが刺した今日のお天気。

そんなお天気の中、今日は我が家にお客さんが来た。
うちの子供達と同じような年齢、性別構成のミアちゃん、ノア君姉弟とナミコさん。
普段はネルソン在住なんだけど、定期的にカムループス近郊の義理両親宅に遊びに来ていて、今回はやっと我が家にも遊びに来てもらえた。
ミアちゃんとノア君との出会いは2年前。ノア君がまだ数ヶ月の赤ちゃんだった頃。
家族構成もさることながら、不思議な縁で繋がった関係。
これからも親子でお付き合いを続けて行きたいと願っているお友達。

最初はちょっとモジモジしていた様子の愛ちゃんだったけど、すぐに仲良く遊べるようになって、ミアちゃん達が帰る頃には
「帰っちゃ、ダメ!」
と泣き出すくらい仲良しになれた。
ミアちゃんは愛ちゃんよりもちょっとお姉さん(体は愛ちゃんの方が大きいけど...)。
お喋りも上手で、とても女の子らしい。
いつもは走り回って遊んでいる愛ちゃんもミアちゃんとだとプリンセスごっこで遊んでいた。

ミアちゃんのお家もダディが日本語を理解出来るから日本語教育にとても熱心。
「しまじろう」は共通のアイテム。海外での日本語教育には有難い存在だと意見が一致した。
でも、これからも続けて行くか...。
今までの絵本と視覚教材は使い回しが効いたけど、ワークブックが増えるらしいこれからの年齢用では使い回しが難しそう。アンパンマンやキティちゃんに頼ろうと思っていたけど、このまま「しまじろう」で行くべきか、ちょっと考えなくては。

お客さん達の訪問中、眠たくて機嫌があまり良くなく、殆どの時間寝ていたカワ君もおやつの時間には起きて、最後の方ではノア君と2人で並んで外を眺めていた。
カワ君がもう少し大きくなって、外も暖かくなったら一緒にワイワイ遊べるかなと次に会えるのが楽しみにだ。




忘れる前に...

2009.03.23 (Mon)

書いておこう、カワ君の睡眠について。

カワ君が夜通し睡眠出来るようになって1ヶ月近く経った。

雪が融け始めて、日中の平均気温もマイナスからプラスの気温が続くようになって、外で遊び回ったり、家の中を駆け回ったりすることが増えて来きたのもあるかな。

乳離れの準備もちょっとずつ始めている。
愛ちゃんの時のように自分からおっぱいにサヨナラする「卒乳」が出来れば楽なんだろうけど、今回はこれで最後かも?という名残惜しい気持ちと、授乳している間は食べても体重が増え難いというお得さを感じてなかなか「断乳」とまで強行突破は出来ない。
それとなーくおっぱいを求めて胸元に突っ込んでくる手を振り払ったり、気をそらしたりするんだけど、夜中の授乳を止めるのは結構大変。
最初の1週間は30分以上大泣きしていて、何度かダディの元へ連れて行かれた。
おっぱいの匂いがしないダディだと諦めがつくようで、私が眠ってしまった後に連れ戻されていることがあった。
ダディが引き取りに来てくれない時は結局おっぱいのお世話になってしまうのだけど、以前は私と愛ちゃんの間に挟まれて身動きが取れなくなっていたカワ君を、私が真ん中に入る事で愛ちゃんから遠ざけてみたら、何とか6時間近くは眠ってくれた。
調子に乗って、更に私からも少し間を空けて寝かせるようにしたら、夜通し睡眠成功率がめきめきと向上。

夜中に数回、おっぱい求めて起こされる事が無くなったので夜は母子ともにぐっすり眠れるようになった。

とはいえ、ここのところ、だんだんと春が近づいて来たカムループス。
気温の変化のせいだからか、体がとても浸かれやすく、しっかり寝ている筈なのに
眠い!
子供達と一緒に9時半頃には眠りについているのに、途中で抜け出せないまま朝の7時近くまで眠っているから、8時間睡眠っていう日だってあるのよねぇ。

何年振りかの長時間連続睡眠。
ありがたやぁ、ありがたやぁ。

就職先、決定。

2009.03.28 (Sat)

なんとか、決まった。
しかも、あっという間に。

就職活動の手法を変えて1週間ちょっと。
地元に住んで何十年の義理の家族なんて全くあてにせず(と言うよりも、あてにならない)、ネットや新聞で求人情報を毎日のようにチェックして、職探しの分野を拡大しながら、募集要項に記載されている必要とされるスキルや経験を自分のものと照らし合わせて、先ずは私でも出来そうな仕事で地元での就職経験を積めるような場所に履歴書を持参するようにした。
それに合わせて、英文履歴書も大幅に変更。
難しい表現で大げさに自分のスキルをアピールしなくても、今まで得て来た経験やスキルを素直に書き出すだけで分かりやすく自分をアピールできるような履歴書。
ダディにスペルや簡単な文法のミスが無いかチェックをしてもらい、数カ所の付け足しと書き直しを加えて、なんとか自信を持って差し出せるような履歴書が完成。

そして、決定的だったのはやっぱりコネ

英語クラスが春休みで1週間お休みだった間、コネ無しのところに出向くのはなかなか乗り気になれず、殆ど期待は持たずに履歴書やアプリケーションフォームを出すだけ出してみた。福祉関係のところでは、1つだけ義理母の従姉妹(一番私と話が合う、とても話しやすいおばさん、ローリー)が持っていたコネのようなものを利用して、マネージャー代理のような人と話をすることが出来た。大きな施設ではないから臨時のパートタイムでの採用になるだろうけど、仕事ができたら連絡してもらえるとのこと。あまり期待ができるような展開にはならなそうだけど、『未来形で』はいい感じかな。

一番頼れるのはお義理の家族よりも自分の交流仲間。
ガッコウに戻れば、既に働きながら英語クラスに来ている人が沢山いるし、クラスメイトには地元のサブウェイのオーナーの嫁や日本食レストランを経営している韓国人の奥さん、福祉施設で働いて半年になる日本人もいる。
「この際、どこでも良いよ!」
と、なかなか仕事が決まらない間に言い出したダディの言葉を受けて、だったら、彼らを頼りにした方が懸命だと思った。

予想通り、
ちょっと話を切り出しただけで、
サブウェイのオーナーの嫁からは、サブウェイ以外にもティム・ホートン(カナダ版ミスター ドーナツ)にコネがあること告げられ、そこでの就職も勧められた。ティム・ホートンは期待無しにアプリケーションフォームを既に出していたところ。お願いすればすぐにでも仕事が決まりそうな勢い。
福祉施設の日本人、ミナコさんからも、
「一緒に働いている同僚が他の施設でも働いているし、聞いてみるね。」
と、とても有難いお言葉。
更に彼女はダウンタウンにある地元でも有名なオリエンタル・ガーデンという和食と中華のレストランでも働いていて、そこでも公表はしていないけど人を探しているとの情報をもらい、興味があったらオーナーに話をしてみるとのこと。夕方からの仕事なだけにちょっと躊躇してしまうけど、週に1、2回のパートタイムでここもお願いすれば即決しそうな感じ。

そして、そして、日本食レストラン経営者の奥さん。
春休みが始まる数日前からクラスに参加し始めた彼女にそれとなく話をしていて、旦那さんに話しておくとは言われていた。
我が家からそれほど離れていないノースショアのレストランは彼らの半分所有のレストランだから、求人に関してはあまり詳しく分からないということで、春休み中に直接店に履歴書は持参しておいた。
ガッコウが始まって再会した彼女に
「週末働ける?」
という質問を受けて、
「金曜日以外なら平日でも週末でも働けますよ。」
と答えただけで、終わった仕事絡みの会話。
教室で、↑上の2人との会話も聞いていた彼女。その後はあまり仕事に触れるような会話はしなかった。

家に帰ると、普段はあまりならない我が家の電話。
ベイスメントの部屋のペンキ塗りに励んでいるところに、かかって来た。
レストラン経営者の奥様!
「仕事のことで質問なんだけど、平日の夜ってどれくらい働ける?(3人子持ちの母ならではの質問) お昼は英語クラスがあるからランチタイムっていうのは無理よね?」
「えぇ、ランチタイム! そんな、英語クラスなんて、働ける場所があるならもういいですよぉ!(移民者が就職出来るように英語を教えてくれる場所なんだから、就職が先ですって。)ランチタイムなら金曜日以外毎日OKですよ!」
「え、ランチタイムOKなの? じゃ、もう一回旦那に聞いてみるわ。かけ直すからちょっと待ってて。」

なんだかちょっとワクワクしながらペンキ塗りに戻って励む事、数分間。
期待通りの折り返し電話。
「早速だけど、日曜日から働いてもらえる? 時間は11時から2時半か3時頃まで。金曜日以外の毎日だけど、大丈夫? キッチンヘルパーなんだけど、最初は時給9ドルで、数週間後には10ドルでお願い出来ると思うから。」
なんと、ありがたい時間帯!
お昼の数時間って、子持ち主婦にはとっても有効的な時間よ。
しかも、キッチンヘルパーなんて私がカワ君を妊娠していた時期にちょっとばかりやった仕事。
更にレストランなのに最低賃金を大きく上回る時給。

1つ返事で了解!

毎日、しかも数時間の労働で定期的な収入の目処がたった。
本当に有り難い。
そして、必要なのはやっぱりコネ!!
これからは、パートタイム以外で余った時間にいろんなボランティアや集まりに参加して、地道にコネを拡大して行こうと思案中。

ということで、明日から、頑張って来ます!








移民の国だからこそ

2009.03.30 (Mon)

韓国人と中国人による共同経営の和食レストランで働き始めて2日。
4時間のパートということもあるのか、興味深い2日が過ぎた。
幸いと言うべきか、昨日も今日も客入りは寂しく、覚える事が多い私にとってはとても都合の良いペースでオーダーが入る。

初日の日曜日。
キッチン仲間はオーナー(と言うべきか、マネージャーと言うべきか)のTさんとタイ(人には全く見えない、一見すると中国人?)人のイケメンN君。どちらも本店(?)でのキッチン経験があって、全くの別のレストラン厨房の経験が少しだけある私には彼らのやり方は驚きの連続。日本人ではなくてもそれなりに美味しい和風食は作れるものなのだ。
しかも、ここの厨房はシェフと呼ばれるような責任者の存在は無く、オーダーが入ってからお客さんのテープルに届くまでの時間を短縮する為に、みんなが協力し合って料理を作れるような体制になっている。不慣れな私がいるお陰で、一応、マネージャーTさんがしきっているようにも見えるが、本来は彼は忙しい時だけ手伝うそうで、Tさんが来るまでの業務開始早々はイケメンN君に教えてもらった。

この店で寿司を握るのは日本生まれの母を持つ、韓国人ニックさん(敢えて名前を公表)。
日本で調理専門学校の寿司科(と言うのか?)で2年勉強し、ここに来る前は本店で数年寿司を握っていたらしく、現在、本店で寿司を握っている寿司職人2人は彼の教え子なんだそうだ。
日本でも修行をしていたから、寿司を握り始めてかれこれ20年ぐらいにはなるらしい。
でも、見た目が若いから12年の聞き間違いかな?
ニックさん、とってもいい人でマネージャーよりも店の事を思い、頑張っている人。
昼も夜も寿司と刺身は彼1人でこなし、定休日が無い店では休み無く働いている事になる。
今日はちらっと中国人(Tさん)に対する愚痴も聞いてしまった。
清潔の国ニッポンで修行した寿司職人ニックさんには天ぷら職人のTさんの調理後の厨房が大変な事になっていて、悩みの種でもあるそうな。


今日は2日目。
普段は人の入りが良いと言われる月曜日でありながら、昨日の日曜日よりも更に客足が滞っていた。厨房からはお客さんのテーブルは見えないからどれくらい人が入っていたかは不明。寿司以外のオーダーだけが来るから、今日私が作ったものは「野菜と海老の天ぷら」一皿と「ベントウA」が二人前。オーダーが入らない間にマネージャーTさんから昨日教わっていない料理について教わった。オーナー直々に細かく教えてもらえれば、後から注意される事も少ないだろうとホッとした。でも、オーナーがいない場所ではみんなそれぞれ適当と言いながら作り方が微妙に変わる。お客さんが文句を言わなければそれで良いらしい。

日本以外の国籍の人達が日本食を作っている現場。日本人の私からは面白くて仕方が無い。その面白さが興味深さに留まらないのは↑ニックさんの悩みを少しでも解消しそうな存在の自称『皿洗い』のキッチンヘルパー、フィリピン人のAさん。カナダでの本業はモーテルの掃除夫。夜はホテルで働いて、平日の昼はここで働いているらしい。今日は暇だった事もあって、ずっと掃除に勤しんでいた。
清潔が必要とされる厨房にはこの人の存在は大きい。
更に、皿洗いと言い、
「ボクは忙しい時に手伝うだけだから!」
と言う割にはよく知っている。米の炊き方(水加減)、テリヤキソースの作り方、天ぷら衣の生地の作り方を分かりやすく、
「イージー、イージー!」
とスマイル付きで教えてくれた。厨房の雰囲気が明るくなるような存在。
明日、また一緒に働くのが楽しみだ。

今日の美味しかった出来事。
その1。
メニューの1つでもあるビビンバ(オーナーが韓国人ということもあってか)。
メニューにあることに気付かなかった上、ビビンバとしか書いてないからてっきり、ご飯に野菜類がのっているだけのものかと思った。
が、Tさんが出して来たものは
石焼ビビンバ用の石の器
なんと、ここのビビンバはちゃんと石焼ビビンバだったのよ!
石焼ビビンバ好きの私としては(韓国語の『トルソビビンパプッ』を覚えてまで韓国に食べに行った)作り方を覚えないわけには行かないでしょう。軽く石焼ビビンバ愛をアピールしてみたら、作ってくれちゃったぁ、Tさんが。
しかも、
「食べていいから。熱いうちに。」
だって~♡。
家に帰ってダディに報告すると、
「家で練習しなきゃね。」
って言われたんだけど、石が無いんだよ、重要な石がさぁ!

その2。
賄いは必ずスタッフのみんな(中国人Tさん除く)で閉店後の2時半頃から頂けるのだけど、今日は『サラダ鉄火丼(韓国風甘辛刺身ダレ)』
久しぶりの刺身。しかも、自分じゃオーダーしないだろう刺身に韓国風の甘辛ダレ
これが意外な発見で、韓国料理好きの私には石焼ビビンバともいい争い。
賄い料理どころか、盛りつけも奇麗でランチをご馳走になってしまった気分。
昨日の鶏(ターキー)ガラスープにキムチとご飯でご満悦だった私。韓国風が味わえるのはとっても嬉しい。

その3。
キッチンスタッフの私にも昨日の分のチップがもらえた。
初日の分からもらえるなんて、太っ腹。


どこぞやの職場環境とは全く違い、働きやすい。
明日はどんな賄い料理が待っているのだろう?
3日目の私の動きはどんなものかな?
今日のチップはいくらぐらいなんだろう...。

さて、明日も頑張って来よう!


 | HOME | 

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品                              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。