頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

4月第1週

2010.04.03 (Sat)

あっという間に4月も3日が過ぎた。
今週末はイースター休暇で金曜日から4連休。4月から穴埋め要員に戻ったばかりだけど、3月の最終日に同僚の1人が交通事故にあい、期間未定で休むことになった。3月末で1人が辞め、私が穴埋め要員になったため、シフトの変更で人員移動があったばかり。今まで穴埋め要員だった人達が格上げされてしまったので、いつでも働ける穴埋め要員が足りなくなった。私は休日と平日3時半以降のみ勤務可能としていたら、この週末は早速3日間の穴埋め決定。丁度いい具合に仕事が入った。フルタイムで働いている時は毎日仕事があることを億劫に感じてしまうこともあったが、穴埋め要員はいつ仕事になるか分らない分、仕事が入ることを有り難く思えるから働く気力も高く持てる。始まりは順調ってところかな。

ところで、日本への帰国もあと3週間を切った。3週間後には日本で美味しい物を堪能しているんだろうなぁと思うと本当にウキウキが収まらない。先日、お昼に買ったお寿司を食べながら愛ちゃんが、
「日本に行ったら、もっともっと美味しいお寿司、いっぱい食べられるねっ! 丸くて赤いの(いくらのこと)もたくさん食べられるし。」
と。
「いやぁ、いくらは高いから沢山は食べられないと思うけど、じぃちゃんにお願いしないと。」でしょ。 

日本滞在の記憶がまだ残る愛ちゃんは、既に行きたいところリストが出来ているようだ。
「フィッシュランドでかんらんしゃにのって、
 でんしゃにのって、きょうりゅうをみにいったり、
 (動物園で)ぞうさんをみて、キティちゃんのくるま(100円で動く乗り物)にのって、
 アンパンマンのでんしゃにものって、
 みのりちゃんたちとこうえんでじてんしゃにものって、
 いるかもみられるね。
 ....。」
まだ、まだいっぱいありそうだ。そして、愛ちゃんもカワ君も楽しみにしているのが『飛行機に乗れること』

一昨日、バンクーバーへと発つベビーシッターSさんを長距離バスのターミナルまで見送りに行った時、飛行機で直ぐに日本に帰ると勘違いした愛ちゃんは
「飛行機じゃないの? 愛ちゃん、飛行機、見に行きたかったのに。」
天気も良く、帰りは特に予定がなかったので、Sさんを見送った後は空港へ行ってみた。
愛ちゃんもカワ君も大興奮。初めは空港内で飛行機の到着を待っていたのだが、なんだか自分たちが日本へ行く空港で時間待ちをしているかのような錯覚を起こしてしまった。それとともに、旅の間、カワ君をどこまで大人しくさせていられるかが不安にもなったのだけど。1時間に1、2本しか便が無いカムループス空港。成田や羽田空港で子供達がどんな反応をするかがとても楽しみだ。

私は買い物リストを作るべく、今からネットであちこちと確認中。
取り敢えず、子供達の靴は確実に入手してこないと!
幼稚園用の上履きと

上履き:キャロット ST01 ピンク

上履き:キャロット ST01 ピンク
 1300円

愛用(愛ちゃん用って訳ではなく)のムーンスターの軽くて履きやすい健康靴。
キャロット:キャロット 1070 ピンク

キャロット:キャロット 1070 ピンク
 1500円

5000円以上で送料が無料になるので同じお店でカワ君にも
キャロット:キャロット 1099TEF シルバー

キャロット:キャロット 1099TEF シルバー
 1500円

TSUKIHOSHI:TH CHILD 1000 ブラウン

TSUKIHOSHI:TH CHILD 1000 ブラウン
 1800円

ちなみに、↑の商品はとってもお買い得な値段。成長期の子供達の足にはやっぱり日本製のちゃんとしたもの履かせたいですよね。 キャロットシリーズは我が家の子供達が好んで履いている靴。 海外発送は無理らしいけど、海外発送代行の『tenso.com』を使えば、海外からも入手できますよ。


ウキウキ気分で浮かれている私達3人を横になんだか可哀想になってきたのはダディ。
約2年前の帰国の時は3ヶ月以上離れることもそれほど悪くは感じなかったが、今回はちょっと気が引けることもある。私が仕事の日の前はダディがカワ君と寝てくれるようになったのだが、ここのところ、仕方なく一緒に寝るというよりはダディの方が一緒に寝たがっているようにも思える。愛ちゃんと比べて、カワ君は「ダディでも大丈夫っ子」。朝はダディが仕事に出かけて居なくなると、「ダディ、ダディ。」と探しまわるし、出かける時は追いかける。帰って来た時は嬉しそうに反応するし、下でテレビを見る為に居なくなるだけで「ダディ、どこぉ?」と恋しがる。この2人を引き離すと思うとちょっとだけ胸が痛む。しかも、今回はダディが旅費の半分を快く出してくれた。今回はダディの快さに感謝しないと!


迷惑な遊び

2010.04.14 (Wed)

4月も中旬に差しかかろうと言う今日は春らしく清々しい天気。先週は肌寒い日が続いたけど、今週は暖かさが戻って来て、裏庭のアプリコットの花もやっと満開になった。

こう天気が良いと洗濯や掃除をしようかなという意欲が湧いても来るのだが、「では、溜まった洗濯物から!」と思っていると、
「おなかすいたぁ。」
とカワ君。
朝ご飯の準備を先に変更。準備と言ってもたいていはシリアルと牛乳にポーチドエッグか、ふりかけご飯と残り物のみそ汁に目玉焼きぐらいのことだけど、たった数分の間にも一人遊びに没頭されると部屋のあちらこちらがぐちゃぐちゃになっている。ご飯を食べ終わって、洗濯や掃除でも始めれば子供部屋でがちゃがちゃ始まったり、近くにいると思えば本棚から本がバタバタと投げ出されたり。愛ちゃんは愛ちゃんで部屋中のクッションと毛布や布団、膝掛けを集めまくり『おうちづくり』が始まる。

一カ所で大人しくしてもらいたい時はやっぱりテレビやパソコンの映像に頼るしかない。
リビングルームの掃除機がけをしたい時はキッチン脇にあるパソコンで「ゴセイジャー」。キッチンの時はテレビでしまじろうのビデオかテレビの子供番組。でも、掃除機が近づきすぎるとカワ君がスイッチを消しに来る。30年物の古ーい掃除機。スイッチは本体に付いているから後ろから付いて来るカワ君の標的にあいやすい。こんなとき日本の掃除機みたいに手元にスイッチが付いていたら...なんて思うのだが、足でスイッチ付近の攻撃を塞ごうとすると、意外に賢いカワ君、コンセントに向かってまっしぐら。諦めたのかと思ったら...、やられたぁ!。

掃除機をかけなきゃいけないのはあんたのせいでしょ!
と言いまくる私。

洗濯にはそれほど邪魔は入らないのだけど、下の階にあるから上でバタバタしている間にすっかり忘れてしまうのが殆ど。これまた何年物かさっぱり分からないが、20年ぐらいは経っていそうな古ーい洗濯機。終了時にブザーで知らせてくれたら有り難いものだが、古いからなのか日本製じゃないからなのかそんな使う人のことを考えた機能はついてない。だからと言うのもなんだけど、朝洗濯したのが夜まで洗濯機に放置されていたりすると、洗濯物がカビ臭くなっていたりして、2度洗いの手間にもなる。


それにしても、今日は本当に天気が良かったので、お昼ご飯はピクニック気分でテラスに出てみた。
「外で食べると楽しいね!」
と愛ちゃん。でも、言った先から
「でも、ここ、あつーい! やっぱりお家で食べようよ。」
あなたが外で食べたい!って言ったんでしょ...。
「じゃぁ、日陰に入って食べて。」
と言いながら、顔面に受ける日差しが怖くなる私。

昼食後春らしい眠気に襲われたのは私と愛ちゃん。
普段ならお昼寝の時間の筈のカワ君の添い寝のつもりで横になる私。が先にウトウト。横ではバタバタと動きが止まらないカワ君。結局1時間近くベッドルームでバタバタ遊んでいた様子だが、
「おなかすいたぁ!」
と部屋から1人飛び出しキッチン方面へ。
確か、冷蔵庫にはカワ君用のカップに入った牛乳があった筈。それを見つけてくれたらいいのだが...。
更なるぐちゃぐちゃを恐れながらも、やっと眠気が収まってキッチンへ行くと。
キッチン脇のドアが開け放たれたまま、しーーん。
午前中の続きでテラスででも遊んでいるのかと思いきや、居たのはドライブウェイ。何をしようと思ったのかは不明だが、しっかりサンダルも履いて外に出ていた。
「お外は良いけど、そこはダメだよ!車が来るかもしれないから。危なーい!」
と声を張り上げる私。
「ごめんなさーい!」
と返事だけはいいカワ君。最近、この言葉はすんなり出るのだが、全く反省している様子ではない。

そうこうしている間にも、日本行きは後1週間ちょっと。そろそろ荷造りを始めないと!
ここのところの日本の天候は寒暖の差が激しいのだとか...。 服装はどうしたらいいのか? 
グランマがイースターのプレゼントにカナダマークがついたスウェットを買ってくれた。子供達が日本行きの飛行機で着れるようにと。取り敢えず、出発の日の彼らの服装は決定!

恐怖心

2010.04.19 (Mon)

日本への出発を3日後に控え、嬉しさと旅の不安が交錯している今日この頃、カムループスは春の楽しみ盛りだくさんの季節になって来た。

先々週はかなり冷え込んだ日もあったが、先週は前週とか気温差が20度ぐらいもありそうなくらい気温が上がった。金曜日で比べると、先々週は厚手の上着が必要なくらい冷たい風が吹いていたけれど、先週は半袖で十分なくらいというよりも、外に居ると日差しの照りつけが熱いくらいだった。

満開になったかなと思っていた裏庭の杏の木もあっという間に見頃も終わりに近づいた。町中ではピンク色の花が咲き誇っていたが、白色の花(梨やさくらんぼ)に変わりつつある。庭先の花壇にはチューリップも目立って来た。草木が緑色になって、所々に色の付いた風景。今のところ花粉症に悩まされずにいるカムループスの春は一年で一番好きな季節かな。日本では花粉症に悩まされる時期でもある春はあまり好きにはなれず、おいしい食べ物が溢れる秋が大好きだった。今頃になって、この時期の日本行きをちょっとばかり後悔したりもしていたり。

でも、日本ではいろんな人たちが私たちの帰りを待っていてくれると思うと、会うのが楽しみで仕方がない。
当初、成田到着後は周辺のホテルで一泊しようと思っていたが、埼玉に住む叔父と叔母から迎えに来てくれるという連絡をもらい、しかも家に泊めてもらえることになった。約2年前の帰省の時にもお世話になった叔父と叔母。子供達に会うのを楽しみにしてくれているようだ。叔父と叔母の近所には従兄弟も住んでいる。従兄弟にはうちの子供達と同じくらいの年頃の男の子が2人いる。まだ写真でしか見たことがないし、従兄弟とももう何年も会っていない。今度こそは会えるかな。そして、前回と同じく約2年振りとなる元同僚との再会も実現しそう。彼女にも同じ年頃の娘っ子達がいるから子供達を再会させるのも楽しみ。連絡を入れたら、6月に私が大好きだった元職場の同窓会があるとのこと。今回の滞在期間は延ばすのが難しい。とってもとって残念だけど、後ろ髪を引かれる思いでカナダに戻って来なければ...。

話は今日のお題の『恐怖心』について。
2歳4ヶ月になったカワ君。魔の2歳児化が激しくなって来たこの頃。いままで存在しないようにみえた恐怖心が芽生えて来たようだ。特に「おばけ」の存在。今までは
「お化けが来るよぉ!」
と言っても、全く相手にしていない様子だったり、
「おばけ、あっちいけ!」
と攻撃態勢に入っていたが、
最近では下の部屋で独りぼっちになったりすれば、泣いて上がって来たり。
「お化けが来るよ、早くおいで!」
と言えば、半ば怖がって付いてくことも増えた。

体操教室では前回、「空中ブランコ」のような高いところにある吊り下がり棒にぶら下がっている時に頭から落ちたのだけど、それがあったからか、今回の体操教室ではその吊り棒に捕まるのを嫌がった。

成長の過程で怖いと思った体験を覚えていられるようになったからだろうが、そのお陰で使える手が増えて来てたすかることもある。なかなか使えなかった『お化け作戦』も「○○すると、いたたするよ!」もちょっとずつ使えるようになってきた。とは言え、まだまだ何を仕出かすかまったく見当がつかない2歳児の男の子。危なっかしいこともしょっちゅう。一人遊びに没頭しているかと思いきや、突然外に向かって駆け出したり。テラスの壁によじ登ろうとしていたり。一度痛い目に遭わないと気が済まないたちらしい。

恐怖心と言えば、それを抑える為の「セーフティー・ブランケット」。
安心毛布とでも言えば良いのか、持っているだけで安心するものことだけど、愛ちゃんには『ちょうちょ』と呼ばれるお気に入りの布団があって、それが無いと眠れないし。起きがけの時もそれを握りしめていないと気が済まない。出かける時には人間と同じように抱きしめてチューまでするほど。洗濯する時には短時間で済まさなければならないので、よっぽど汚れた時か気合いが入った時でないとなかなか洗濯出来ない。なので、もっぱら薄汚れた感じのベビー布団を持ち歩いているのが愛ちゃん。だから、今回もその布団は間違いなく手荷物の1つとなる予定。前回と同じく空港内でもその薄汚れた布団を引きずりながら持ち歩くんだろうなぁ...と想像がつく。更に今回はカワ君にもセーフティー・ブランケットなるものが出来上がっている。愛ちゃんと同じくベビー布団。愛ちゃんが3ヶ月の時に日本から一緒に持って来た、はず&みのちゃん達からのお下がり布団。薄手でもあったから本当に赤ちゃんの時にしか使っていなかったが、今はカワ君が
「カワ君のー。」
と言っては持ち歩いている。寝る前には
「かわくんのふとん、どこぉ?」
と探しまわる。どうせ寝ている時は掛けていないんだからなくてもいいじゃん!と思うんだけど、ダメらしい。
今までは何でも良かったものが多かったけど、最近はコップもスプーンも『自分の物』が増えて来て、代用で済ますのが難しくなって来た。

出発の1週間前には早々と荷造りが修了した愛ちゃん。スーツケースに詰める物よりも手荷物になるものが多くなりそうだ。自分の物は自分でちゃんと持ってもらわないと。ちなみに、愛ちゃんの荷造りは本当にあっという間だった。そんなに簡単にしかもあっという間に終わるなら...と彼女の手際よさが羨ましくも思えた。とは言え、日本行きの荷造りは私にとっても気楽で簡単。2、3日の着替えさえあれば、後は日本で調達すればいいだけだから、私だってスーツケース1つは完了。帰りに増える荷物用に一番でっかいスーツケースに空のスーツケースを入れただけ~。


カムループス ~ 福井

2010.04.29 (Thu)

金曜日の午後、成田空港に降り立った私たち親子3人を埼玉に住む叔母が迎えに来てくれた。

10時間を超えた空の旅から次は1時間ちょっとの陸の旅。のはずが…。京成線で起きた人身事故の影響で叔母の家まであと3分の1ぐらいのところから快速の電車が各駅に止まらずを得なくなった。カムループスの自宅を朝7時半に出てから約20時間。親子3人ともほぼ徹夜状態の中、日暮里でJR線に乗り換え、日本時間の夜8時過ぎに西川口にある叔母の家に到着。

バンクーバー空港ではお昼寝時間を過ぎて眠たくなったカワ君に一時手が負えなくなったが、飛行機搭乗までの1時間の辛抱と頑張った結果、飛行機の座席に着くなりあっという間に寝付いてしまったカワ君。1時間半ほどは静かに寝てくれた。出発の朝、カムループス空港で飛行機を待つこと1時間半。その間に興奮気味で抹茶ラテを飲んでいた愛ちゃんの顔色が変わる。吐き気が起こると通常はせき込んでから吐き出す愛ちゃんだけど、この日は突然静かになったかたと思ったら急にオェー。グランマからもらったカナダマークのついたおろし立てのズボンをあっという間に着替えることに。その後は頬にも赤みが出て、気分も良くなったらしき愛ちゃん。セキュリティー検査場所でも、搭乗ゲートでも飛行機に乗り遅れないようにと意気揚々と歩いていた。でも、バンクーバーまでの国内線の飛行では旋回の度に気分が悪そうに見えたので、汚物袋を手にひやひやする私。幸い使うことはなかったが、国際線での飛行中も素直に汚物袋を口に当ててその時に備える愛ちゃんだった。

国際線の飛行機は各座席に個人用のオーディオが付いていたおかげで、大好きなテレビ番組を飽きるまで見続けることができた子供たち。最初の4時間はあっという間に過ぎたのだけど、中間の数時間は時間が経つのがとても長く感じた。飛行機の航路図を見ながら、今どれくらい飛んだか、後何時間かかるのかを数分おきに見る愛ちゃん。
「まだぁ? まだぁ?」
と聞きながら、
「この飛行機遅いよ!」
と文句を言いながら、1時間も経たない内に到着した国内線の飛行と比べる愛ちゃんだったが、実際にはこっちの飛行機の方が早いんだよと説明しても納得してもらえず…。日本って遠いんだよぉと何度も言い聞かせる私。
何度も
「まだまだ着かないから寝てていいよ。」
と言っても、いろんなことが気になって眠れない愛ちゃん。
「パジャマ、着てないよ。」
「歯磨きは?むしばいきん来ない?」
「寝ている間に飛行機が日本についたらどうしよう。」

「お昼寝と一緒だよ。ちゃんと起こしてあげるから。」 (とっとと寝てくれ~!) 

愛ちゃんが寝ている間に私も…と思ったが、私もカワ君の眠気もすっかり覚め、カワ君の食事や散歩に付き合う私。飛行中は割と大人しかったカワ君。最後の2時間程にもう一度寝付いてくれたおかげで私は久しぶりの映画を一本見ることができた。

成田到着後はストップオーバー可能時間ぎりぎりの24時間を使って、空港勤務時代の元同期との再会も果たした。2年ぶりの再会だったけど、何も変わらず気楽に話ができる友。土曜日でお休みだった旦那さんが子供たちのベビーシッターを引き受けてくれたおかげで、久しぶりに鉄板で焼くお好み焼きやもんじゃ焼きが食べられた。日本の飲食店のサービスの素晴らしさに感動する私。そして、「子連れじゃ無理だよねぇ。」と言いながら箸を進める母二人。旦那様、本当にありがとう。 

福井に帰ってきて約1週間。
中古戸建物件のチラシが目についてたまらない。
安い!
綺麗に改装されてこの値段!と驚きまくる。
カムループスの家を売って、日本で家を買えば家賃やモーゲージ(ローン)無しの生活と毎日安くて美味しい食べ物が口にできる幸せな日々が送れるんだぁと思うと日本に帰りたくて仕方がなくなる。ただ、問題は子供たちのフランス語教育と体重の増加の恐れ。

あと数週間の日本滞在で気持ちはどう変わるかな。

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品