頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

帰宅

2010.05.22 (Sat)

3週間とちょっとの日本帰省から戻って来た。
初めは約1ヶ月と思っていたけど、よーく数えてみると4週間も無かった。
あっという間で短過ぎる滞在。
得に子連れでは本当に時間が足りない。次こそは1人でこっそり日本上陸したくなった。

と言うよりも...。

日本に住みたい!

日本で何度も中古物件の売り出しちらしを目にした。というか、新聞やフリーペーパーの住宅販売のコーナーがとっても気になった。そして、目にする度にその価格に驚く。今のカナダでの生活では新築の家に住むなんて夢のまた夢のような世界。可能だとしても、今の家を売りに出してもまだまだ借金が続く生活。それが、それが、同じく家を売り払えたとして日本で家を買えたら、借金どころか余裕で貯金が出来てしまう生活。カナダで暮らし続けるという選択では大好きな日本に子供達を連れて行けるのも2年に1回がやっと。でも、日本暮らしが可能になれば、毎年家族でカナダへ行くことも可能だし、節約と称し、親子3人をカナダに送り出して私は『お一人様時間』を遠慮なく申し出ることも出来る。

日本滞在中にそんな夢のような話を語ってみたら、
「そんなに甘くはない!」
とお叱りに近い言葉を返された。
「仕事はどうするの? 英会話学校だってつぶれるご時世、個人で英語を教えても流行らないよ。」

言い返しはしなかったけど...。
カナダに居ても仕事の先行きは不安定。日本語を教えたくても流行るどころか需要がないのよ。借金のある生活と貯蓄のある生活、5年続けるならどっちをとる?
日本の「子ども手当」は対象者が中学3年生まで月に1人につき1万3千円ももらえるのに対し、カナダのそれに当るものでは毎月1人につき100ドル(9000円相当)+我が家の場合は2人で約160ドル(約14500円)が支給されるがそれが続くのは6歳未満まで。小学校は無料で行けるのは日本と変わらないけど、2時半で終わる小学校の後、12歳(10歳だったか?)までは12歳(15歳だったか)以上の擁護者が居なければ子どもを1人で家に居させることは出来ないという法律故に仕事をしている親にとってはベビーシッターや学童保育のようなところへの出費がかさむ。

更にはカナダの小学校事情...。
統合や廃校の噂が絶えず、学校移設や制度の見直しが度々行われる。それに合わせて教師の入れ替えも多々起こり、それに不満を持つ組合のストライキも躊躇なく行われる。年功序列が顕著な組織な為、居残る教師の質にも問題があったり、統一された指導要領があるのかないのか、担任の先生によって教わることが大きく変わる。体育や音楽、美術等の教科に至っては基礎的なことを教わると言うよりは、子ども達の授業の参加率をあげる為に内容の薄い授業が繰り返されるらしい。『授業時間数が足りない!』と言われている日本の小学校の方が遥かに安定した授業が行われている筈だ。おまけに公立の小学校であっても給食なんて素晴らしいサービスは無い。毎朝、子どもに持たせるスナックと呼ばれる軽食と弁当を用意する手間も増える上、食費も増える。

子ども達の言葉に関しても、バイリンガル子育てを目指す場合、日本語学校や補習校が無く、日本語のテレビも容易に見られない地域に住んでいる私達にとって、子ども達の日本語を年齢相当に維持させるには、今後の私の頑張りにかかっている。日本でなら、テレビの副音声を使って簡単に英語を聞くことが出来るし、英語の教材は溢れまくっているし、毎年夏休みの2ヶ月間をカナダで過ごせば忘れることもないだろう。

どう考えても、日本で暮らした方が良さそうに思える私達。決定を躊躇させているのは愛ちゃんのフランス語の幼稚園のこと。マルチリンガル(2カ国語以上を話せること)に子ども達を育てたいと思っているダディの決断はなかなか決まらない。





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

おかえりなさい!
金曜日の公園は行かれましたか?
会えなくて残念でした。
いやーー、そんな話を聞くと、日本の方がいいーーって思いますね。
私も最近学校の統廃合や若い教師のレイオフの話とかを聞いて、こっちの学校もどうよ?って思ってました。
そして保育所制度は日本の方が断然整ってますよね。
しかも、日本の中古住宅は値段がとても落ちるから確かに一括で購入…なんてことも夢じゃない!
うーーん、魅力的だぁ。
またまたゆっくり話を聞かせてくださいね。

SHさんへ

ただいまです。
金曜日はカルチャーセンターでサポートグループの集まりがあったので2時ちょっと前に愛を迎えに行って、ちょっと遊んだぐらいです。丁度、曇り始めて寒くなった頃...。

そうなんです。保育制度の違いが激しいこの時期に日本に居たいなぁと思うのです。少なくても後2年は厳しい生活が続くと思うので...。旦那は家のローンの5年後返済を目標にしているんですけど、その頃には子ども達も学校に行くようになるから、私ももっと気楽にフルタイムで働けるようになると思うんですけどねぇ。

日本人には日本が一番

私がカナダに住んで色んな所で色んな人に言うようになった言葉・・・「日本人は日本に住めるのが一番幸せ」ということ。一方では、母国が同じでない人と結婚した自分の選択である以上、日本に住めばまた相手が同じ思いをする立場になるわけで、そこは誰のせいというよりお互い様ですもんね。

日本での就職も、例えば、カナダでジャパレスや日系企業以外(カナダ企業)で働いたりSさんのようにこちらの資格取得目指して何年も頑張ったりするように、本人のやる気と意思と忍耐次第な部分もありますよね。日本語力を身につけて日本で通用する資格でも取って・・・英語講師以外の、日本人と同等の福利厚生と環境で働ける正社員職取得を目指すことも・・・不可能ではないはず。勿論、それが簡単とは思いませんが、Alexのような人には無理そうです・・・。(^^;
Alexも人に英語を教える仕事とライフスタイル(”普通の人”の勤務時間での仕事で、朝夜逆転なんてなし)が良かったようですが、講師の入れ替わりも激しい中、結果的にその英会話学校で一番の古株講師だったものの、昇給や福利厚生をきちんとしてもらえるわけでもなく、フルタイムみ満たないパートタイムぎりぎりでガイジンをコキ使う・・・という日本の嫌らしい一面もずっと見てきました。カナダに帰って就職するにしてもより若いうちな方が・・・と、Alexが三十路に入ったのを期に、日本生活に見切りをつけてカナダ移住した私達。今の職で、僅かでも稼げているseniorityもあるので、エンジニアになるまで(いや、なっても)辞めるわけにはいかないと思います。

それにしても、納得いかないのは、layoff(純然たる首でもなく、中途半端にキープされてる状態なのに)の度に、会社で入ってる保険をブチブチ切られる点。学校の先生も、夏休み等の度に保険が切られると聞いて驚きました。システムが違うとは言え、日本じゃあり得ないですよね。日本だったら、夏休み中でも部活や補習を教える先生もいるわけで、一貫した雇用期間中の(学校側の)休みの度に福利厚生を切られてたんじゃやってられませんよね・・・。
あ、カナダで働くって、交通費も出ないんですよね、そーいえば?嗚呼、日本はなんて親切なんでしょう(苦笑)。

KAORIさんへ

>「日本人は日本に住めるのが一番幸せ」ということ。
同感です。カナダに引っ越して来て良く聞かれたことは
「How do you like Canada?」
カナダ人に聞かれて、
「It's too cold.」
としか言えなかった私。2月に引っ越して来たので自然の美しさになんて感動することもありませんでしたから。旦那には
「もっと良いこと言ったら?」
って言われたんですけど、寒い以外何を褒めていいものか...と思いました。実家がある福井は自然に溢れているのでカナダ人が自慢げにする自然は福井にだってあるしとか。しいて言えば、
「It's big! There are lots of space.」
てなぐらい?でも、褒めてるようには聞こえなかったらしく、
「Beautifulとか言えないの?」
と旦那に嘆かれたんですけど、ウソはつけない私にはなかなか言えませんでしたねぇ。
取り敢えず、それからはウソっぽいと感じつつも相手を喜ばせるようなことを言おうと努力するようにしました。でも、それに連れて気分がどんどん滅入って行くのも感じていて、
「You should be happy to live here!」
と言われる度に、日本で暮らせた方が絶対に幸せなんだよ、私には!って思っていました。生活レベルがそれほど違わない国から移民して来た人にとって、カナダはそれほど素晴らしい国ではないんですよ!と言いたかったし、日本をカナダよりも劣っている国と思われるのも嫌でしたねぇ。(今でもその思いは変わりませんけど。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品