頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が止まらない...。

2010.07.31 (Sat)

昨夜、とても悲しいニュースを目にしてしまった。

2幼児死体遺棄:室内に放置 23歳の母親逮捕 大阪

またも被害者。
その前日に日本テレビ・アナウンサーの自殺のニュースを見たばかりだった。そのニュースに絡んで、参加しているミクシィのコミュニティーに書き込みがあり、「産後鬱」について過去の経験を思い出したところの出来事。

別の記事では彼女が育児ノイローゼを訴えていたことも書かれていたが、やっぱりとしか思えない。

多くの人達は同じニュースを見て、「子供が可哀想で仕方が無い。この母親はどんな母親なんだぁ!」と母親を責める意見が多い事だろう。じゃ、この子供達の父親は離婚するまでちゃんと育児に協力していた? 母親の両親は? 周りの友人は? 社会のあり方は?
子供達と母親をここまで追いやってしまうまでには相当のストレスがこのお母さんにはあった筈。誰にも頼れずながらも、このお母さん也に一生懸命に頑張っていた筈。だからこそ、突然何も考えたくなくなって放り出してしまったんだろう...。周りの人の支えがあれば、後数年もすれば少しは楽になっていただろう彼女の生活。子供達の構成は我が家と同じ。去年の今頃と同じ頃だと思うと本当に遣る瀬ない気持ちになる。だって、下の子が一番手が付けられなくなりそうな時期だもん。毎日、誰にも褒められず1人で頑張って、いっぱいいっぱいだったんだろうなぁ。私だって、「もう、勝手にして!」って言いたくもなったよ。判断能力が想像出来ないくらいに狂ってくるのが産後鬱の怖さ。子供を産んだ母親なら多少なりとも多くの人が通る道ではあるのだろうけど、その時に周りの助けを充分に受けられるかどうかで鬱の深刻さや立ち直りの早さが人によって違う。私も立ち直るまでに2年近くかかった。今、普通に暮らせているのが不思議なくらい、辛い毎日だった。それでも私の周りには協力者や理解者が居てくれたお陰でカワ君が生まれてからはそれほど辛い日はなくなった。本当に幸せな事だ。1つ間違っていたら、私も彼女のようになっていたかもしれないと思うとこの事件は他人事とは思えなくなってしまう。

ちなみに、とあるサイトにあった自己診断項目

 1. いつも疲れているような気がする。

 2. あまり、または全く眠れない。

 3. 何かに対して不安感がある。

 4. イライラする。

 5. 自分を無価値だと感じ、将来に希望が持てない。

 6. 集中力・記憶力・判断力の低下。

 7. 自分を責める。

 8. 食欲の変化(拒食・過食)

 9. いつも不安でどんなことも心配だ。

10. 敵対心や怒りを感じる。

11. 自分の外見に気配りが無くなる。

12. 夫や子供に愛情が持てない、または感じない。


愛ちゃんを出産してから日本を離れ、カナダに引っ越して来てから数ヶ月後。私はこの診断表の全部が「はい」だった。今だと全部が「いいえ」と言えるのだが、カウンセラーに相談出来るようになった時、同じような問診表があった。全部の項目が「Yes」だったのだけど、何回かのカウンセリングを受け続け、カワ君が生まれて数ヶ月後のカウンセリングには殆どの項目が「No」に変わっていて驚いたのは今でも忘れられない。特に6番目の項目にある集中力、記憶力、判断力の低下は今では想像出来ないくらいの恐ろしさだった。今、自分が何をしようとしていたかが分らなくなり、戻っては思い出し、戻っては思い出しの繰り返しで、普通なら5分もあれば出来るような事でも1時間以上費やしていた。判断力が低下しているので何から手を付けていいものかも考えられず、溜まりに溜まったものを前に全く動けなくなる自分。その状況から逃げ出したくなる自分。毎日、いつ逃げ出してしまおうかと考えたものだ。その行動を起こす前にふと頭をよぎるのは実母のこと。彼女も同じ思いをして私達を育ててくれたんだろうと思うと、私より大変そうだったことを想像しながら「もう少し頑張ってみよう。自殺するよりギリギリまで頑張って死に至った方が周りも分ってくれる筈。」と思い留めたものだ。

結局、死に至る程頑張らずに済んだのは周りに理解者が増え、協力してくれる人が増えたから。一番はダディの理解と協力が大きいのだけれど、それが得られるようになったのはカウンセリングに行き始めてから。それまでは、
「うつだと思う。」
と相談しても、
「運動しないからだ。」
「夜、パソコンに向っていないで早く寝たら。」
等と言われ、理解も協力も得られなかった。そのうちに、動機や息切れ、めまいが激しくなって立っていられなくなった。待ちに待ったカウンセリングが受けられるようになると、ダディの心境も少しは変わり、結構深刻なんだと思ってくれるようになった。
運動は「しない」のではなく「できない」のだ。やっている暇もなければやりたい気持ちにもならない。
「愛ちゃんを見てるから散歩に行って来たら。」
と言われ、半ば強制的な感じで家を出て行ったこともある。てくてく山を上り、丘の上から街や空を眺めていると自分がちっぽけなものに感じたものだ。全部やろうとしなくてもいいじゃない。出来ないものは出来ない!って言えばいいじゃないか。 全部やろうとして、やってしまうから周りの人は協力しなくても大丈夫と思ってしまう。それからは度々散歩に出かけるようになった。それが適度な運動になっていたらしい。
「パソコンに向っているから寝ない」のではなく「眠れないからパソコンに向っている。」状況も運動によって少しは眠れるようになった。
何故だか寂しい気持ちになっていると、実家の母から電話が入る。とりとめも無く喋っていると気分がスッキリした。日本から届く荷物も嬉しかった。
気がつくと、私の周りには沢山の協力者がいたのだ。幼かった愛ちゃんだって随分と私に協力してくれた。いっぱい遊んで欲しかっただろうに、静かにテレビを見てくれていたり、一緒に横で眠ってくれたり。彼らを残して1人では死ねない!と何度も思ったものだ。

自殺を図ってしまったアナウンサーのお母さんにも子供達を放置してしまったお母さんにも周りに理解して協力してくれる人がいたら...。それに本人が気付いていたら...と思うと尊い命も救われたのではないかと思って止まない。






<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私も涙・・・

さばさばした性格に見えるかぁかも、私から見ると結構深みに入っちゃっていたんだね。特に異国の地だから日本にいるより負荷があるものね。でも、ブログに客観的に書けるように元気になってて嬉しいし、今更ながらほっとしてるよ!
私は12項目中5項目くらいがYesかも!でも仕事に復帰して以前より心は健康になった気がするわ。仕事しているほうが正直子育てより楽~!昼休みが一時間あり、座ってゆっくりランチできるなんて、例えコンビニで買ったパンをかじっていても贅沢に感じるわ(笑)。
育児は協力なくしてはできないよね~。私も育ててくれた両親に、特に母親に感謝を改めて感じてるよ。

あの事件では、何回か大阪市の人がマンションに行っているのに救えなかった・・・・っていうのが特に悲しい。都会にいると近所付き合いも少ないし、個人のプライバシーの問題とか障壁はあるけれど、もうすこしどうにかして手を差し伸べてあげられていたら・・・。若いお母さんだって2回も自分の身体の中で育てて出産して、その年齢になるまでどうにか頑張れていたんだものね・・・・(私はまだ一人目が一歳でしょ、だから特にそう思う)。離婚したお父さんはどういう心境でいまいるのかな・・・?
めちゃ、長いコメントでごめんね~。
とにかく、自分ひとりでできないことは周りも巻き込んでいきましょー!!!

emiちゃんへ

本当に外で仕事をしていた方が労働基準法がちゃんと守られていれば楽よね。1人でゆっくり、しかも静かにご飯が食べられるってだけで幸せを感じるもんね。子供が小さいと尚更、目の前でガチャガチャと落ち着き無く食べられると、ご飯を食べている気にもならないしね。

お母さん業は本当に1人でやるもんじゃないよね。家族や社会(保育園や託児所)が協力して将来の担い手を育てて行くべきだと思う。
「お母さんは奴隷じゃない!」
ってよく実母がよく言っていたのを思い出すわ。母親だから○○しなきゃいけない!って言う考え方も男尊女卑だよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品                              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。