頑張る母ちゃん お気楽子育て In カムループス

カナダにあるカムループスという町で2児の子育てしてます。 カムループスってどこ?と気になった方は、どうぞごゆっくり遊んで行って下さい。

遠足 アダムス リバー

2014.10.22 (Wed)

学校が始まって1ヶ月。愛ちゃんもカワ君も無事に進級し,愛ちゃんは4年生,カワ君は2年生になりました。とは言っても,カワ君のクラスは1年生が大半の1&2年生合同クラス。2年生は7人しかいないらしい。お友達の殆どとクラスが分かれてしまったのでかなりショックを受けたカワ君。しかも,クラスの殆どが新1年生という環境で2年生になったらもっと難しい勉強が出来る!と張り切っていた意欲が「どうして、もう一回,1年生?」という疑問に変わった初めの2週間。幸い,選ばれた7人の殆どがクラスに付いて行けないとか,問題があるという子供達ではなく,どの子も1人で静かに先生に言われたことをこなせる子達。教員のストライキ中に問題視されたクラスサイズとも関係があるのか、人数調整の為にあぶれてしまった7人。子供達当人は勿論,親にとっても不安がいっぱいの1年になりそうだ。

ちなみに,こちらでは『スプリット クラス』と呼ばれる2学年(3学年)合同クラス。日本では過疎地域の分校等でみられることもあるけれど、カナダではごく頻繁に起こるクラススタイル。ごく頻繁というよりも当たり前と言った方が良いかな...。 上級学年の割合が多い合同クラスの場合(愛ちゃんの2年生の時)は下級学年の子供にとっての利点以外,特に問題は感じないのだけれど、下級学年の割合が多い場合の利点とは...。経験者のダディが語るには、当時は生徒全体の学習レベルに合わせてクラス構成がされていたようで(ある意味,今の日本の注目のスタイル?)前年度の学習に付いて行けなかった子供達には既に習ったことを教わる為にクラスのトップに躍り出れるチャンス!が何度も繰り返される楽しい1年だった模様。しかし,いつ頃からか、その考えた方は変わり,今は学習レベルとは関係なく選出されるらしい。挑戦好きのカワ君や今の選出方法を知らない親としては、やる気のある子供達の意欲が萎えないかと学習レベルとは関係ない選出の方が返って不安を招く。事実,クラスが始まって4週間。同じ頃の愛ちゃんは毎日の宿題にも四苦八苦していたが、宿題の必要性が無い(書き取りのテストの為の練習 = 全部1回で書けてしまって必要なし)カワ君には教室は常に煩くて,一日がとっても長く感じるらしい。幸い,同じく選ばれた2年生の中にカワ君の愛しい女の子が居たお陰,しかも,席が隣同士になったお陰で学校に行くのは楽しみのようだ。

反対に愛ちゃんはというと、クラス全員4年生という普通クラス。4年生から定員30人とクラスサイズが大きくなり、今まで同じクラスになったことが無かった子ともやっと同じクラスになれた。愛ちゃんの学年は生徒数が少なめで,もう1つのクラスは3年生が大半のスプリットクラス。そこに幼稚園からずっと一緒だったAちゃんが移ってしまった。恥ずかしがり屋の愛ちゃんの傍にいつも居てくれたAちゃんの存在がなくなった愛ちゃんは活発な子が集まるグループに交われなくて悩んでいるようだ。大人しい子達が集まるグループには入れてもらえるようだが,元々活発な愛ちゃんにはそこに居ては面白くない模様。放課後もAちゃんが早く帰ってしまう日はそそくさと校庭から引き上げて来ては、私にイライラをぶつけて来る。早く,Aちゃん以外の友達の輪に勇気をもって入って行ってもらいたい。

ところで、先週の頭。子供達が楽しみにしていた遠足があった。場所は鮭の遡上が見られるアダムス川が流れる自然公園。4年前にも行ったことがあった場所だが、遡上のピークより早かったらしく,予想していた程の大量の鮭は見られなかったけど、最高の天気と悪臭とは無縁の楽しい遠足だった。

20141023041242796.jpg
この場所は流れが緩やかな小川。主流の方にはもっと沢山の鮭がバシャバシャと泳いでいたのだけど,大事な部分の写真を撮り忘れた...。

20141023041245771.jpg
小グループに分かれて自由散策。ペアレント ヘルパーとして付き添いに参加した私の担当は4人。途中,同じグループの生徒のお母さんが一人参加したので、そのお母さんとお喋りしながらの楽しいハイキングになった。

2014102304124423a.jpg
一応,自然形態や魚についての講習もあり。なかなか充実した野外学習。休憩時間よりも歩いている時間の方が長く,正味3時間近くの自由散策の殆どはハイキング。座って休んだのは15分ぐらいかな..。でも,みんな文句も言わずに付いて来てくれたのには助かった。

まだまだ夏休み

2014.09.19 (Fri)

いつもの事ですが、気が付いたら前回の更新から1ヶ月も経ってしまっていましたね。

8月もあっと言う間に過ぎ去って、楽しみにしていた新学期ですが、夏休み前から始まったブリティッシュ・コロンビア州の教員のストライキがまだ続いており、9月になってもいつ学校が再開されるのか分からない状況が続いておりました。9月が始まって2週間。学校からは何の音沙汰もなく,巷では学校閉鎖は10月まで続くかもとか,今週の月曜日には始まるとか等とうわさが飛び交ってはいましたが、昨日になってやっと来週の月曜日から遂に新学期が始まる!と報道され、学校のホームページにも連絡がアップされました。

このとてつもなく長い夏休みの間の家庭学習で、子供達はいったい何を学んだのだろう?

私がフルタイムで働いている間,子供達はダディと過ごす毎日。
余計なお金は使えないので,毎日,午前中は公園でサッカー&テニスの練習で1時間半ぐらい過ごし(毎日練習していたにもかかわらず,それ程上達したようには見えない...。),私が仕事の日の昼食の後はフリータイムと称し,数時間,パソコンやタブレットで一人遊び,夕食前に友人宅のプールで一泳ぎしたり、自転車に乗りにいったりした後,遅い夕食を食べ、本を読む練習をしたり、ピアノの練習を15分程やって、お風呂に入って寝るというのが基本の生活。

私が休みの日は午前中の運動の後に,アクティビティと称して外へ連れ出し,それなりにカムループス ライフを楽しんでみた。殆どは公園や川での水遊びだったが,いろんなイベントにも参加してみたり,ハイキングやジオキャッシングと言われる自然の中の宝探しみたいな事もやってみた。

シューシュワップ湖 にて 近場のレジャー的な湖畔。友人家族に誘われたのだが、私はどちらかと言うと静かな湖の方が好きだ。

ディープレイク 2014 夏 暑い日中,近いからという理由でカワ君が行きたいと言い出した我が家から歩ける所にあるハイキングコース。 暑い日(気温30度超え)に行く場所では無い!と言う愛ちゃんと私の反対を押し切って行ってみたが,6歳児の記憶にはまだ経験が足りなかったらしく、ハイキングコース出発地点から5分も経たない内に弱音を吐き出した。自分の決めた事には最後までやり抜く力をつけてもらいたくて、本当は帰りたいのは私ではあったが、目的地のディープレイクまで突き進み,2時間強のハイキングをやり遂げた。

アバディーン モール遊園地
2回目の移動遊園地。こう言うものにお金を使いたがらないダディ方の家族。1人35ドルの出費だが、子供達は数時間,本当に楽しそうに遊んでくれるし,楽しかったといつまでも話してくれるのに...。

カムループス美術館 結構穴場な美術館のキッズゾーン。後ろの世界地図パズルで頭を使った後はフラフープで体かす子供達。1人数百円以内で半日は楽しめる場所(この日は無料券を持っていたので入館無料)。

本当はちょっと遠出をしてみたかった夏休みだったけど、旅行は春休みまでお預けかな。

リブ フェスト in カムループス

2014.08.13 (Wed)

待ちに待った夏の大イベント、 リブ フェスト! 恐らくカムループスでは7月1日のカナダ デーに次ぐビッグ イベント。週末3日にかけて、豚あばら肉のバーベキューを味わうために観光客も含めて、わんさかとリバーサイド パークに人が集まる肉屋のお祭り。

2014 リブ フェスト


特設ステージではライブ音楽が途切れることなく演奏され、色んな景品がハズレなしでもらえる入場無料のキッズゾーンにウォーター パーク、川沿いの公園だからビーチもあり、遊具もありで大人も子供も楽しめるイベントです。お腹がすいたら肉を喰らい、小腹が空いたらアイスクリーム。芝生に敷物を敷いてごろーんと牛のようにもなれます。

去年は一番人出の多い土曜日に行って、目前で売切れ〜!という結果になったため、今年は客足が少なめな初日の金曜日に仕事を早引きして、参加。殆ど並ぶことなくお肉をゲット。 土曜日は仕事で行けなかったけど、子供たちはダディと前日に遊びきれなかったキッズゾーンでたんまり遊びまくったらしいけど、飽きずに日曜日も参加。
キッズゾーン その1

キッズゾーン その2

2014081817025821b.jpg

201408181703003e6.jpg

土曜日にいろんなブースで遊び切っていたので、日曜日はアクティビティに挑戦。 ヒップホップ ダンスのお試しタイム、
キッズゾーン ダンス

最後はビーチで砂遊び。
ビーチタイム 愛

何故だか,川縁から数メートル離れた所に砂を掘り始めた愛ちゃんの為に水を運ぶカワ君。文句も言わず嬉しそうにせっせと水を汲みに行くカワ君。ビーチタイム カワト
可哀想な気もするが,いい運動だし,本人が楽しいなら良いかぁ。

先住民のお祭り パウワウ 2014

2014.08.04 (Mon)

こんにちは。毎度ながら久々の更新です。

最高気温が35度以上の暑さが続いている夏真っ盛りのカムループスですが,日本の皆さん,いかがお過ごしでしょうか?

数週間前は州の至る所で発生していた山火事の影響で煙の被害が凄く,煙たさと暑さで外に出るのも苦しかったものの、先々週の洪水まで発生させた記録的な大雨のお陰で煙被害は収まり,一瞬、涼しくもなった7月も終了。あっという間に8月です。

それにしても,あの洪水,本当に凄かった。何が凄かったって、ニュースでも取り上げられた場所付近に私と子供達が居たこと。大粒の雨が降り出したかと思ったら,あれよあれよと水が川のように流れ出し,配水管に流れきれない水が溢れ出したりで谷間付近の道路があっという間に水で覆われた。そこを坂の上目指して怖々通っていた私。何処まで深いのか分らず,いつ,車が止まることかとヒヤヒヤしながら運転していたのだけど、後からニュースで半分以上,水に浸かってしまっている車を見て,反対側に進まなくて良かったぁと自分の判断力の凄さに驚いた。雨が止んで数十分後には水が引き始め,数時間後には泥や石ころだけ残して水はきれいに引いていた。帰り道,溜まっていた泥や石ころを見ながら,
「すごかったねぇ、あの 雨。」
「ここも すごい 水だったのかなぁ。」
と初めて自然災害を間近に感じた子供達。ある意味,夏休み中の良い体験だったかもしれない。


ところで昨日は週末3日間かけて行われていたパウワウと呼ばれる先住民のお祭りに行って来た。
毎年,8月の第一週末に行われるカムループスのパウワウ。私は1度だけ行ったことがあり、その独特の雰囲気が気に入っていたのだけど、特に興味の無い人にはお金がかかる暑いだけの催しらしい。1人で行くのも何だったからずっと行けずにいたのだけど、子供達も学校で先住民のことを学ぶようになり、ダンス好きのカワ君にも楽しめるかなと思って,子供達と3人で行ってみた。 6歳以下は無料で7歳からはみんな一律1人10ドル。ということで、カワ君は無料。20ドルの入園料を払い,先住民が集う巨大集会所のようなところへ向う。



色とりどりの衣装をまとった人達。まぁ、日本で言うなら、「全国総盆踊り大会」って感じかな? 南北アメリカ大陸から集まった各先住民達。場所によって衣装の違いがあるようで、寒い所から来たような先住民の衣装は毛皮の飾りがあったりでかなり暑そう...。と言っても,衣装を着ているのは集会所の真ん中で踊りを披露する人達。他の人達は普通の服を着て太鼓を叩いたりしているし、お祭りに参加している殆どの人が普通の出で立ちだったりすから、日本の浴衣や法被を着た人達がウジャウジャしている日本のお祭りとはちょっと印象が薄いかなって感じだけど,まぁ、そこは暑い!という理由で許してあげよう。
201408050704077e9.jpg

ちなみに,入園してから30分ぐらいまでは
「えぇ,これだけで20ドルもするのぉ!」
と、文句タラタラだったカワ君。
「ピョンピョン飛んでるだけのおどりだよぉ。」
と見るだけでは物足りない様子。
そんな時,
「先住民に見える白人 集まってぇ!」
と呼び声がかかる。
先住民に見える(アジア系)白人って解釈でもいいかしら?
と言うことで,カワ君参加。

20140805070409af8.jpg

これ以降,20ドルを払ったことに文句を言わなくなったカワ君。
集会所の周りにある民芸品のお店を周り,最後に食べたインディアン タコスには3人とも大満足。
ここでしか食べられないという希少価値+普通の値段。

2時間ぐらいでお祭りを後にしたのだけど、恥ずかしがり屋の愛ちゃんは帰り際になって
「愛ちゃんもおどりたかったぁ...。」
なんて言い出したので,また来るきっかけが出来た。

来年もまた来よう!


さぁ,来週末はリブ・フェスト。カナダ中から選ばれた骨付き肉の専門店が5、6店舗集まって審査会が行われます。それに伴って町のメインストリートでは車の品評会みたいな事も行われていたり,リバーサイドパークには無料のキッズゾーンも設置されて、子供達にも楽しみな週末なること、間違い無し!





2014 暑中お見舞い申し上げます

2014.07.09 (Wed)

こんにちは。

本日最高気温35度という予想を遥かに上回る42度(午後6時)計測しているカムループスです。

7月に入った途端に30度を超える気温が続き、夏到来! と感じていましたが、私の仕事が休みだったここ数日は曇り空が続き、涼しい風も吹いてあれ〜と思ったのも束の間、今日はとっても暑い! らしい。 お陰様で私は心地よくエアコンが効いている空港内でのお仕事中。丁度、気温が差がる頃に帰宅予定なので、うちにいる家族たちはどうしてるだろうとか、外で頑張っている人が大変そうだなぁと人のことを心配している余裕あり。

さて、日本の夏はいかがでしょうか?

因みに、こちらの子供達は例年より2週間早く夏休みが始まりました。
それもこれも、公務員であるはずの教員がストライキを起こして学校が休みになってしまったから。
先生側としては色々我慢出来ない事があるようだけど、税金を払う側からすると、公共の施設でストライキを起こすこと自体理解し難い。給料を上げろと言う前に2ヶ月も夏休みがあることを有難いと思っていただきたい!
そして、その敵方が同じ家庭の中にいて、組合がストライキを決行したことで2週間分の給料が貰えないと言う稼ぎ頭を持つ身としては複雑な状況。

急に夏休みが始まった子供達には通信簿も無ければ、学年末のお楽しみ会も、終業式も無し。夏休みの宿題が無いのは毎年のことだけど、このケジメのない学年の終わり方に何だかなぁ〜と思ってしまう。
まぁ、子供達には全く気にならないような事だろうけど、カワ君はお楽しみ会を楽しみにしていたし、愛ちゃんは急にお友達と遊べなくなったり、先生に「ありがとう」&「さよなら」カードをを書けなかったことが残念だったようだ。

9月の始まりはどうなることやら…。

3泊5日 日本旅行

2014.06.22 (Sun)

今月初め、誕生日と重なる週末に有給休暇が取れたので、以前から密かに企んでいた日本への一人一時帰国を実践してみた。

最初は勿論、自分達も行きたい!と子供達の反対にあったのだけど、そこは何とかおもちゃ作戦が効いた。ダディにはもうすぐ有効期限が切れるパスポートの事で日本でやらなきゃいけないことがあるからとか、色々理由をつけて了解を得た。本当の目的は実家で以前使っていた国際電話会社が使えなくなったらしく、国際電話のかけ方が分からないという両親の様子を見に帰ることだったけど。

有給休暇自体は12日もあって、日本滞在1日目には愛ちゃんから滞在延長許可も出たのだけど、帰ってからの現実と時差呆けを恐れて予定通り,3泊5日で戻ってくることにした。

それにしても、今回の日本行きは本当に気楽であっという間だった。それに、羽田空港の便利さに味をしめてしまった感じ。

去年の帰国以来、 エア カナダに乗るのはこりごりだと思っていたのだけど、今回はリムジンバス代ぐらいの上乗せで全日空の羽田発バンクーバー行きに社員割引が使えた。
旧式の機材ではあるものの手入れがちゃんと行き届いている日系の航空会社。サービスも機内食もやっぱり比べ物にならない。今回は復路便のみの利用だったけれど、次回は往路も使ってみたい!乗った時から日本を味わう事が出来るって楽しみだァ。

丸3日、食べたかったものをしっかり食べて、買いたかったものも買えたし、誕生日に両親と過ごすこともできた。最高の誕生日プレゼント。そして、子供達にとっても目的のおもちゃが手に入り、ウッキウキ。
カワ君からは、今後の私の誕生日は私が日本に帰れることを恒例にしようという提案も出た。
彼にとっては 【お母さんの誕生日 = 自分がプレゼントをもらえる日】という考えのようだ。

因みに、日本滞在中に一つだけ気がかりだったこと。
それは、出発の前週に植えたキュウリの苗とプランターの花の水やり。
それも気になって5日で戻ってきたのだけど、お願いしておくのをすっかりと忘れていたにもかかわらず、愛ちゃんがしっかり水やりをしてくれていた。


201406130507521eb.jpg
(写真が右と左反対だけど...。勝手口横の階段脇)


私が居ない間、発表会前のピアノの練習も毎日欠かさずしていたようだし、子供達は私が居ない方がちゃんと出来る気がする....。

カナダでも冷やし中華

2014.06.12 (Thu)

3日間の日本滞在中の最後のお昼に食べた冷やし中華。暑い時にはぴったりのこの食べ物を子供達にも食べさせてあげたくて作ってみた。

スパゲティで冷やし中華


麺は日本のように手軽には入手できないので、スパゲッティを重曹で茹でて中華風に。

結構、それっぽい麺になります。

砂糖、醤油、酢を混ぜたものに、ごま油をちょっとたらしてタレ完成。

意外にちゃんと冷やし中華になって子供達にも大好評!
我が家の夏の定番メニュー決定です!

移動遊園地

2014.05.24 (Sat)

先週の月曜日はヴィクトリア デイという祭日で、職員会議で金曜日も休みだった子供たちには4連休の週末。 その殆どの日に私は10時間勤務だったため、なかなか子供たちと過ごせる時間がなかったのだけど、月曜日は夕方から4時間だけの仕事だったので、対岸の丘の上にあるショッピング モールに来ていた移動遊園地に行ってきた。

日本ではじぃじ&ばぁばに何度か連れていってもらった遊園地だけど、カナダの遊園地には未だ連れて行ってもらえていなかった子供たち。去年、同じ場所に来ていたのを眺めているだけだった。来るたびにずっと行きたがっていた子供達。 今までは誰かが連れて行ってくれるのを期待していたのだけど、一向に誰も連れて行ってあげる様子もなかったので、寂しい思いをさせてきたお詫びも込めて私一人で連れて行くことにした。

閉園まで2時間しか無かったのと、怪しい雲影があったので、初めは乗り放題パスではなく、回数券を買ったのだけど、すぐ後に愛ちゃんとカワ君のお友達兄弟を見つけたので彼らが付けていた乗り放題パスに買い換えた。 1人30ドルの乗り放題パス。出費は大きかったけど、子供達は2時間休む事無く、これでもかぁ!と乗り物に乗りまくり、最後の最後まで嬉しそうに楽しんでいるのを見ていて、払った甲斐はあったなぁと思えた。あんなに喜んで貰えるなら、来年はもっと早い時間から楽しませてあげようと思う。



201405260812008b4.jpg

げげげ〜ぇ。

2014.05.07 (Wed)

1ヶ月ほど前、髪の毛が伸び放題になっていたカワ君がしきりに頭を掻くようになった。カーリングのイベントでヘルメットをかぶっていたこともあって、汗疹でも出来たのかなぁと思っていたのだけど、それが2週間近く続いていたので、巷で流行っているシラミかなぁ…?と嫌な予感が頭をよぎる。

数か月前から「シラミ感染情報」のお知らせを学校からもらっていて、その度に子供達の頭を調べた(つもりだ)が、それらしきものは発見出来ず、うちの子は大丈夫ねぇなんて安心してしまっていたのが2ヶ月程前の事。

だから、カワ君が頭を掻き始めた時も髪の毛に白っぽいものが付いていないか調べたりもしたが特に異常は見られなかった。シラミ発生の疑惑を持ちながらもお友達のお母さんが
「最近、うちの子の頭が乾燥していて痒がるからオイル塗ったのよ。」
と話しているのを聞いて、うちもそれかなぁなんて思いながら数日が過ぎる。

先々週の日曜日の事。
ちょっと暇な時間が出来たので、カワ君の頭の様子を見てみると、チラチラとフケのような白い物が髪の毛に付いていた。払っただけでは落ちない感じだったので、ネットでフケとシラミの卵の違いについて調べてみた。それらしき感じだったので外出中のダディにシラミ駆除用のシャンプーを買って来てもらう。

目の細かい専用のクシで髪の毛をすくと、ゴマ粒大の黒いものとそれの半分以下の黒っぽい物体がクシに絡まってきた。シラミって黒かったことが判明した瞬間。私はずっと白っぽいものを探していたから、成虫が卵を産み付けるまで見つけられなかった訳だ。頭全体で15物体程。殆ど幼虫のような小さいもので、1代目の卵からかえったばかりと思われる。

ついでに愛ちゃんの頭も、とシャンプーしてクシを通してみると…。

出処が判明した瞬間。

数え切れないくらいの大小の黒い物。今まで痒がりもせずに過ごせていたのが不思議なくらいこれでもか、これでもかと絡んでくる黒い物体。恐らく、最初のシラミ発生情報が出た後ぐらいからシラミ達は愛ちゃんの頭に住みついていたと思われる。

シラミ駆除を始めて10日が過ぎた。3日程で成虫や幼虫は取り切った感じで、卵もようやく取り切った模様。後は3日おきぐらいに経過観察と言った所かな。

それにしても、今時、シラミって…。
戦争中とか戦後の時代の話だと思っていたけど、意外に日本でもシラミって流行っていたのね。ネットで調べていて驚いた。

実は私にも幼虫っぽいものが居たっぽい。目が悪い私には断定は出来ないけれど、それっぽい小さいものが2,3粒、クシに絡んでいた。頭の地肌が微妙に痒かったりするのだけれど、専用のクシには絡まって来なくなった。駆除終了?
何だか気持ちの悪い終わり方だぁ。

咲いた ♡

2014.04.19 (Sat)

先週末、最高気温が20度を越える暖かさが続いたおかげでカムループスでもチラホラと満開になった桜の木を見かけるようになった。学校帰りに
「お母さん、あそこ、桜が咲いてるよぉ!綺麗だねぇ。」
と教えてくれる愛ちゃん。 カナダに居ても桜の花を愛でる感情が育ってくれていると安心する私。 木は木、花は花 としか思わない男子とは違って、花を愛でる気持ちや自然の移り変わりの美しさに共感してもらえる仲間がいるのは有難い。

今週頭から最高気温が20度を下回る日が続いていて、この先2週間は最高気温が15度前後を行ったり来たりする模様。やっと5分咲き程になったうちの庭の杏の花がどこまで開花できるか微妙なところだけど、天気予報が外れてもう少し暖かくなってくれることを祈るばかりだ。周りではガーデニングの準備を始めたとかの話も聞く。 私もそろそろ…とは思うが、気温が20度近くまで上がってくれないと庭いじりをする気にもならない。

先週の月曜日から子供達のサッカークラブも始まった。割と暖かかった月曜日。今シーズン始めてのカワ君の試合を見てるのはあっという間だったが、翌日の愛ちゃんの試合は標高の高い場所だったこともあって、時折小雨混じりの冷たい風が吹き付ける中での観戦だった。去年よりも倍近くになったフィールドの広さやゴールの大きさに戸惑っている感じだった愛ちゃん。得意な筈のゴールキーパーに抜擢されたのだけど、2点もゴールされてしまった。動きは良かっただけに残念だった。まぁ、シーズンは始まったばかり。次の試合での動きが楽しみだ。


因みに、今日もまたまた仕事の合間に日記の更新。 イースターの祭日で4連休の今週末は先週末よりもお客さんは少ない上にフライトキャンセルも伴って暇〜な時間を潰し中。

«  | HOME |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

**1日クリック**

          ++1/1(15%)++

現在までの訪問者数は...

ご訪問、ありがとうございます!

頑張る母ちゃん       セレクトショップ

お腹と腰から冷え対策!                  何度も洗って使えるから経済的。  ゴミを減らせて地球にも優しく、直接触れる肌にも優しい。                        粉末とれるは海外発送にも応じてもらえます。汚れを洗い流すだけでなく、微生物が流れた汚れも食べてくれるから環境にも安心。世界中で使って地球をきれいにしよう!                        加齢臭にも有効的!        使い放題の消臭スプレー。                       

**楽天有効活用術**

先ずはここから…                        海外からでもお買い物が出来ます。 海外発送だって◎!

プロフィール

かぁか

Author:かぁか
カナダ、BC州にあるカムループスに住む4人家族。

かぁか : 1975年生まれの双子座、「やっぱりねぇ。」と必ず言われる程、典型的なAB型。動物占いでは『感性が自由に羽ばたく天才は、束縛嫌う謎多き人』と言われるペガサス。只今、羽を折られて飛び立てず、日本暮らしを日々妄想中。

ダディ : 1972年生まれの射手座、変わっていると言われるAB型と上手くやっていけると言われるO型。動物占いは同じくペガサス。高校で英語、数学、体育を教えるヨガ好きのジモティー。カタカナ日本語にひたすら反発する熱血教育パパ。

愛ちゃん: 2005年11月4日生まれ、稀なAB型。動物占いではヒツジちゃん。寂しがり屋で人懐っこい頑張り屋。フランス語の小学校も2年目。毎日,フランス語の本読みと書き取りの宿題に悩まされていますが,今のところ,日本語&英語&フランス語の3カ国語をそれなりに使い分けて学んでいます。

カワ君 : 2007年12月8日生まれ、血液型不明。動物占いでは狼。一人の時間と空間を大切にする変わり者と言われるだけに、1人で黙々と何かをやっている姿は恰好良い!勉強だってピアノだって,その気になれば1人でもへっちゃら。アングリーバード狂の幼稚園児です。

ブログ

いくつになったの?

ブログ内検索

Business Tools

           雨にも強いリサイクル品